このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

平成28年2月29日 気仙沼市へ職員派遣 新年度も13名体制で継続を決定

更新日:2016年3月11日

”東日本大震災からまもなく5年が経過”

 東日本大震災の発生からまもなく5年が経過し、被災地では宅地造成などの復興事業が本格化しています。時間の経過とともに公的業務を支援する人員不足が慢性的となっているなか、江戸川区は平成23年度以降区職員を派遣している宮城県気仙沼市へ、来年度も継続して派遣することを決定しました。
 本区は、東日本大震災発生の翌月から同市へ復興支援のため区職員を派遣。平成24年4月からは中長期にわたる支援に切り替え、土木職、建築職など技術職を中心に常時14名が、戸籍や仮設住宅契約等の災害関連事務に加え土木、建設、産業関連業務を担ってきました。これまで本区から気仙沼市や浦安市など被災地に派遣した区職員の実人数は576人、延べ25,643人・日(今年度末までの予定)となります。
 新年度は支援の継続を希望する同市からの要望を受け、今年度とほぼ同規模の13名体制を維持(平成27年度は14名)。内訳は技術職が8名(土木4名、建築2名、機械・電気各1名)、事務職5名としています。
 担当する業務は今年度も行っている「土地区画整理事業に伴う交渉・設計」や「防災集団移転造成団地の工事に伴う設計・積算」、「高度衛生管理型新魚市場建設に伴う積算・設計」などです。
 区職員課弓場宏之(ゆみばひろゆき)課長は、「被災地に赴く職員も、その留守を預かる職員も一体となって復興を支援していきたいです。」と話しました。
 今年度の応援職員と交代になる新メンバー13名は、平成28年4月1日に着任し、気仙沼市で業務を開始します。

これまで被災地へ派遣した区職員の数

平成23年度

気仙沼市・浦安市・仙台市など 実人員473人、延べ6,733人・日

平成24年度

気仙沼市  実人員25人、延べ3,476人・日

平成25年度

気仙沼市  実人員26人、延べ5,200人・日

平成26年度

気仙沼市  実人員26人、延べ5,110人・日

平成27年度

気仙沼市  実人員26人、延べ5,124人・日(平成27年度末見込み)

合計:実人員576人、延べ25,643人・日(平成27年度末見込み)
【平成28年度内訳】土木4人、機械1人、電気1人、建築2人、事務5人計13名(実人員20名)

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで


以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る