このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

平成28年1月11日 「平成28年江戸川区成人式」開催

更新日:2016年1月12日

“お世話になったあの人へ、想いを込めて特製はがきを投函!”

 成人の日を迎えた1月11日(月曜・祝日)、区総合文化センター(中央4丁目)では、未来への夢と希望に満ちた新成人の門出を祝し「平成28年江戸川区成人式」が行われました。
 今年、新成人となった区民は昨年より17名増え7,135名(23区中2番目に多い)。午前(11時30分から)と午後(1時30分から)の2回に分けて行われた記念式典には、人生の晴れ舞台を飾ろうと約4,100名の新成人が出席しました。
式典では、多田正見江戸川区長が「皆さんは、深い郷土愛と地域の連帯の心によって育てられ、地域からたくさん事を学んできました。この財産を大いに生かし、知恵と勇気、行動力を持って、たくましく自らの人生を切り拓いていってもらいたいです。」と激励。また、新成人の代表として午前の部では戸村峻さん、午後の部では真柳実沙紀さんがそれぞれ抱負を述べました。現在、大学生でありながら、“売れない”芸人を支援する特定非営利活動法人を立ち上げ、自身も大道芸人として活動する戸村さんは、育ててくれたふるさとである江戸川区をお笑いや演劇が気軽に楽しめる街にしたいと将来の夢を語り、夢の実現に向け、「地に足をつけ、最後までやり遂げることを目標に、精一杯努力することを誓います。」と力強く述べました。
 会場では、新成人の門出をともに祝おうと区内で活動している地域団体など26団体・247名が「はたちを楽しむつどい(実行委員長:山本又三)」を同時開催。記念写真の撮影や似顔絵コーナーのほか、新成人が今の気持ちや思いを筆で色紙に書き、その上に手形を押して記念にする「はたちの手形」コーナーなど様々な催しで新成人を盛り上げました。
 軽食コーナーでは、30年以上にわたって、新成人にマドレーヌを作っている料理サークル「A.Cサークル(代表:関口民子)」が、今年初めて地元特産物を使った「小松菜マドレーヌ」を1,000個準備。小松菜をパウダー状にして生地に練り込みふっくらと焼き上げたマドレーヌは、着付けなどで朝早くから準備してお腹を空かせた新成人に「美味しい!」などと好評でした。
 本日、参加した新成人には、記念として「一之江名主屋敷」や「善養寺の影向の松」などの区内名所が描かれたオリジナル絵はがきと慶事用切手のセットを贈呈。区郷土資料室の学芸員樋口政則さんが描いたオリジナル絵はがきは温かみがあると好評で、新成人は、両親や親戚あてに感謝の気持ちを手紙にしたため、地元郵便局の協力によって設置された特設ポストにはがきを投函しました。特設ポストに手紙を投函した女性は、「母に対して丈夫な体に産んでくれたこと、これまで大事に育ててくれてありがとうと書きました。日頃言葉にしてなかなか伝えられないので、気持ちが伝わったら嬉しいです。」と照れながらも感謝の気持ちを話しました。

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで


以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る