このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

平成27年12月06日 「江戸川区スポーツ栄誉賞」顕彰式

更新日:2015年12月7日

”水泳の池江璃花子選手らが6名が受賞”

 中学生として19年ぶりに100メートルバタフライで日本新記録を樹立した池江璃花子さん(いけえりかこ/小岩第四中学校3年/15歳)ら6名に対し、江戸川区は、その栄誉を称える「江戸川区スポーツ栄誉賞」を授与し、6日(日曜日)、タワーホール船堀(船堀4)において顕彰式を執り行いました。
 同賞は、区内に在住・在勤・在学し、オリンピックや世界選手権など国際大会に出場、または全日本選手権大会などで優秀な成績を収めた個人や団体に対して贈られるもので、昭和60年から施行。区内の各種スポーツ連盟38団体の会長・理事長を選考委員として構成された「スポーツ栄誉賞選考審議会」で審議のうえ、候補者を区長に答申し受賞者が決定されます。これまで、同賞の「特別栄誉賞」では、女子柔道の五輪金メダリストである谷本歩実さんや、福岡ソフトバンクホークスの松坂大輔さんらが表彰され、特別栄誉賞の3名を含めると5団体・275名ものめざましい活躍をした方々が受賞されています。
 当日(6日)の顕彰式には、午前10時からタワーホール船堀「桃源」において、スポーツ栄誉賞審議会委員の他、多田正見(ただまさみ)江戸川区長や福本光浩(ふくもとみつひろ)江戸川区議会議長ら23名が参列し、受賞者(3名出席)に表彰状と記念品(賞金5万円)が授与されました。
 式典で多田正見(ただまさみ)江戸川区長は、「今日まで厳しい試練に耐え、立派な成績を残してくれた皆さんに心から敬意を表します。来年はリオデジャネイロ五輪、その先には東京五輪が控えていますが、皆様にはさらなる挑戦をして頂き、また私たち江戸川区民に喜びを与えてくれたら嬉しいです。」と受賞者を激励しました。
 また、受賞者を代表して池江さんは、「10月に行われたワールドカップでは、100メートルバタフライで日本新記録を樹立し、世界のトップに一歩近づいて大きな自信となりました。来年のリオデジャネイロオリンピック出場に向け、4月の選考会では、自分の泳ぎをして皆様の期待に応えられるように頑張ります。」と今後の意気込みを力強く語りました。 
 なお、今回も同賞の受賞を記念し、江戸川区陸上競技場(清新町2)に設置されているモニュメント「限りなき挑戦」の記名板(黒御影石/縦50m×横1.5m)に受賞者の名を刻み、その栄誉を称えます。
 今回受賞された6名の選手は、以下のとおり。顕彰式には、大会出場などの理由から1〜3の選手のみが出席しました。
 1 浅沼 慎也さん(あさぬましんや/27歳)
    主な戦績〜第48回全日本社会人卓球選手権大会男子ダブルス3位
 2 池江 璃花子さん(いけえりかこ/小岩第四中学校3年/15歳)
    主な戦績〜第16回世界水泳選手権大会4×200m、4×100mリレー出場
        ワールドカップ東京大会 100mバタフライで日本新記録樹立
 3 田崎 富士夫さん(たざきふじお/51歳)
    主な戦績〜第18回冬季デフリンピッククロスカントリースキー出場
 4 張 一博さん(ちゃんかずひろ/30歳)
    主な戦績〜第48回全日本社会人卓球選手権大会男子ダブルス優勝
         同大会 男子シングルス3位
 5 水野 裕哉さん(みずのゆうや/29歳)
    主な戦績〜第48回全日本社会人卓球選手権大会男子ダブルス準優勝
 6 村松 雄斗さん(むらまつゆうと/19歳)
    主な戦績〜2015世界卓球選手権蘇州大会男子シングルス出場 

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで


以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る