このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

平成27年10月30日 「僕の私のおすすめの本」を発表

更新日:2015年11月2日

”区内の小・中学生3万人が選んだベスト10を公開!!”

 10月27日(火曜日)から始まった読書週間に合わせ、江戸川区では、区立小・中学校の児童や生徒約3万人が投票して選ばれた「僕の私のおすすめの本」のベスト10を発表しました。

読書科・読書改革プロジェクト

 本区では、子ども達の読書意欲を高め、読書活動を積極的に進められるように、平成21年度に「読書改革プロジェクト」を立ち上げ、地域とともに読書の推進につながる機会の提供や環境整備を進めてきました。「僕の私のおすすめの本」は、同プロジェクトの一環で、身近な友人などが薦める本を手に取ることで、さらなる読書の機運を高めてもらうことを目的として実施しています。
 全国で初めて区立小中学校全校に「読書科」を設置した江戸川区。子どもたちが読書を通じて、生きていくために必要な知識・能力を身に付けることをめざし、平成26年度から、年間35時間以上の読書時間を設けているほか、教員のスキルアップ研修や学校図書の蔵書数の増加を図っています。「読書科」では、朝読書や読み聞かせに加えて、“本を薦めるポップや帯作り”、“心に残った言葉の紹介”や、“もう一つの結末づくり”など、あらゆる方法で本への興味や想像力を高め、読書の意欲を向上させる取り組みをしています。
 こうした取り組みの結果、文科省の「全国学力調査・学習状況調査」によると、「読書が好きですか?」の問いに、「好き」または「どちらかといえば好き」と答えた本区の小学生は、読書改革プロジェクトを立ち上げた平成21年度が70.7%であるのに対し、平成27年度は73.6%、中学生は、平成21年度が64.6%であるのに対し、平成27年度は69.9%となっており、いずれも都や全国の平均値を上回っています。
 「僕と私のおすすめの本」は、区内小・中学校106校を対象に実施し、30,683名の児童・生徒から回答が得られました。小学1・2年生の低学年部門と3・4年生の中学年部門で1位となったのは、「かいけつゾロリ(著者:原ゆたか)」で、小学生を中心に社会現象となった人気のシリーズが選ばれ、アニメや絵本を中心とした本がベスト10にランクイン。また、5・6年生の高学年部門1位は、「ぼくらの七日間戦争」などで知られる「ぼくらシリーズ(著者:宗田理)」、2位は「ハリー・ポッター(著者:J.K.ローリング/訳:松岡祐子)」で、長編の読み物がランクインしています。中学生部門1位となったのは、「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話(著者:坪田信貴)」となり、原作の映画化に加えて、受験などの関心から実生活にも影響を与える本に人気が集まりました。
 このほか、区ホームページでは、小・中学校の保護者が薦める本ベスト10と教員が薦める本594冊も公開。親や先生が、子どもたちに読んで欲しい“お勧めの理由”を対象となる学年とともに「一言メッセージ」として掲載しており、読書の機会が少ない家庭でも、読書の機会が広げられる工夫をしています。「僕の私のおすすめの本」は、区内の各学校や書店組合にも情報提供をしており、ポスターの掲示などで周知して区全体で読書の機運を高めています。

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで


以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る