このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

平成27年9月29日 「三角商店会をまわってみよう!with葛西図書館」開催

更新日:2015年9月29日

“秋は読書の季節、商店会と図書館がコラボして地域を活性化”

 店主が勧める本の紹介や、商店会の歴史を感じる昭和の街並みの写真展示などを通じて、読書の秋、図書館に訪れた方に商店街にも興味を持って訪れてもらおうと、新川に程近い三角商店会(江戸川6/会長:須賀英昭/会員数:23名)と商店会の中心に位置する葛西図書館(江戸川6)がコラボした企画展示「三角商店会をまわってみよう!with葛西図書館」が、9月29日(火曜日)から10月25日(日曜日)まで開催されています。(主催:江戸川区立葛西図書館 協力:三角商店会、葛西消防署船堀出張所、小川産業株式会社、江戸川区商店街連合会ほか。)
 商店会の南側に位置する新川に、渡し舟が三方向の岸へと人々を渡していたことが土地の名の由来とされる「三角」。商店会の名前にもなっている三角商店会は、魚屋や蕎麦屋、生花店など、新川の北側を中心に23の店が軒を連ねる商店会です。昭和20年代頃から店舗が並び始め、最盛期には約40の店を構え活気を見せていました。しかし、近年、大型スーパーの出店などの影響によって、店舗数は減少傾向にありますが、昔ながらの個性ある店舗などは今も地域に根付き、営業を続けています。
 同展は、近隣の学校などと地域連携を進める同館の事業の一環で行われている企画。昨年、開館40周年を記念して行われた同地域の歴史を知る写真展を開催したところ、商店会を中心とした地域の住民から昔の写真などの提供を受けるなど反響が大きかったことから、同館のスタッフである光本悦子(みつもとえつこ)さんが、日頃からスタッフも利用している商店会とコラボした事業を行うことで、地域の活性化に繋がるのではないかと同企画を考案しました。この企画の呼び掛けに、地元の商店会長は快諾。同館のスタッフが、約半年間かけて、事前にアンケート調査や店舗の撮影をするなどの取材を重ね、工夫を凝らした展示となっています。
 図書館の2階に上がる階段の壁面には、商店会の店舗が創業した昭和30年代当時の街並みの写真のほか、店舗ごとに創業年やおススメ品をPRしたポスターを展示。また、同館の出入口付近には、商店会マップと店主が薦める本を展示しています。昭和42年に創業した“親子丼”が絶品という「日の出そば」はアメリカの青春物語「フラニーとゾーイ(J.D.サリンジャー著)」を、また、昭和46年創業の生花店「フローリスト花銀」は、絵本「いつでも会える(菊田きりこ著)」を店主のお勧めの本として紹介し、来館者は本を手に取るなどして足を止めていました。
 図書館を週に2回は利用しているという女性は、「近くに住んでいても、まだ知らないお店がありました。商店会に興味を持つきっかけになりました。」と笑顔で話しました。
 また、津川聖一(つがわせいいち)館長は、「商店会などをはじめ、地域に密着している図書館ならではのイベントです。多くの方に足を運んで頂き、商店会の魅力も知ってもらいたいです。」と話しました。

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで


以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る