このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

平成27年7月08日 「2015えどがわボランティアフェスティバル」12日開催

更新日:2015年7月8日

ボランティア活動による地域社会づくりにふれる!

 地域を支える大きな原動力となる「ボランティア」。「ボランティア立区」を推進する江戸川区では、ともに支えあう地域社会づくりを目指し、日頃からさまざまな活動を行っている地域ボランティアの取組みを広く紹介するとともに、団体相互の交流を促進しようと、7月12日にタワーホール船堀において「2015えどがわボランティアフェスティバル」を開催します。主催は、「江戸川区」、「公益財団法人えどがわボランティアセンター」及び「2015えどがわボランティアフェスティバル実行委員会」。

 生きがいや自分らしい社会参画のあり方を求めて、福祉や環境、子育てなどのさまざまな分野で多くのボランティアが積極的に活動している江戸川区では、区民がともに支え合う地域社会づくりを目指し、平成12年4月に「江戸川区ボランティアセンター」を設立。ボランティアを支える人材の育成やボランティア団体などへの支援を通じて、ボランティア活動を推進してきました。平成25年4月には、それまで本区で行っていた同事業を「公益財団法人えどがわボランティアセンター」に業務移管。都内初の公益財団法人によるボランティアセンターとして、現在180団体・5,892人が登録しており、機動性・柔軟性に富んだボランティア支援活動を展開しています。

 今月12日に行われる同フェスティバルでは、同センターに登録するボランティア団体など74団体が参加。メインステージでは、区内で活動するサークル等によるインドボリウッドダンスやフィリピンの民族舞踏など国際色豊かなダンスや子どもたちによる三味線、フラダンスなどの催しが行われます。各団体が出展するブースでは写真やパネルなどで活動内容を紹介。また、ボランティアらによる手づくり雑貨や小物などのフリーマーケットも開催します。さらに、今回から「防災コーナー」も新設。避難シミュレーションで震災時の避難体験を行い、AED・簡易担架づくり体験などを通じて、東日本大震災を機に関心が高まった「災害ボランティア」の活動等にふれることもできます。

【2015えどがわボランティアフェスティバル】
日時:平成27年7月12日(日曜日)午前10時〜午後4時
会場:タワーホール船堀(江戸川区船堀4-1-1/03−5676−2211)
詳細は、こちらをご覧ください→http://edogawa-vc.jp/festival/

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

7月

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る