このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

平成27年6月30日 江戸川区が「美し国づくり景観大賞」受賞

更新日:2015年7月8日

区民との協働で水と緑、花のある風景を創出

 地域の個性を活かした良好な景観の創出や地域創出に寄与し、これを後世に引き継ぐ活動を継続的に行っている団体を表彰する「美し(うまし)国づくり景観大賞」表彰事業。今年度創設された同事業において、今回大賞に「江戸川区」が選ばれ、今日(6月30日)東海大学校友会館(千代田区霞が関3)で表彰式が行われました。主催は「特定非営利活動法人 美し国づくり協会(理事長:進士五十八元東京農業大学学長」。後援は、国土交通省、(一社)日本建築学会及び(公社)土木学会ほか。
 「特定非営利活動法人 美し国づくり協会」は、日本の美しい景観や風景の保存と新しい創造に向けて技術・技能の継承等に取組むとともに、調査・研究及び普及啓発活動を行う団体として、土木や建築などの各学会や業界団体協力のもと平成17年に設立された法人。今般、同協会の設立10周年の記念事業として、地域の個性を活かした良好な景観の創出、地域創生に寄与し、これを後世に引き継ぐ活動を継続的に行っている優良事例を広く全国に紹介しながら美し国づくりの推進を図ることを目的として「美し国づくり景観大賞」が創設されました。
 江戸川区では、「水辺風景の再生/水と緑と花、共に生きる豊かなくらし」をテーマに、昭和30年代後半の都市化に伴い「ドブ川」と化した河川を日本で初めての親水公園・古川親水公園として蘇らせた取組みを始め、平成16年の景観法施行後に全国に先駆けて「一之江境川親水公園沿川景観地区」を指定し、景観まちづくりを進めた話など、環境や景観まちづくり等に関する区の基本計画に基づき取組んだ事業などを紹介。土地区画整理事業や下水道事業などの都市基盤整備とともに、区民の暮らしに密着した多くの環境資源を整備した結果をPRしました。また、区民らにより組織された「親水公園を愛する会」など、区民との協働によるさまざまな活動を全区的に展開した一連の様子なども紹介。その結果、区の取組みとともに、区民ボランティアによる主体的かつ持続的なサポートがあったことが高く評価され、今回、大賞を受賞しました。
 本日(6月30日)行われた表彰式では、受賞記念として大賞を受賞した江戸川区、特別賞を受賞した「コウノトリ野生復帰推進連絡協議会」及び「国交省東北地方整備局と東北6県1市」の代表による講演や、同代表者らによるパネルディスカッションなどが行われました。
 大賞を受賞した江戸川区を始め特別賞を受賞した団体等の取組みは、今後、同協会で書籍化・出版され、広く配布される予定です。

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで


以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る