このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

平成27年5月29日 「江戸川みまもり隊」が熟年者に熱中症予防を呼び掛け!

更新日:2015年7月13日

地域の力で、暑い夏を乗り切ろう!!

 東京都心では、5月の夏日が観測史上最多となり、連日暑い日が続いています。東京都消防庁の発表によると、熱中症で救急搬送された方は、24日(日曜日)までの一週間に全国で437人に上り、搬送された方の約半数は高齢者です。こうしたなか、区内では本活的な夏を前に、「江戸川みまもり隊」の皆さんが、今日(29日)、一人暮らしなどの熟年者のお宅を訪問し、熱中症予防を呼び掛けました。
 「江戸川みまもり隊」は、本区が「共育」・「協働」の理念のもと、平成16年に開設した「江戸川総合人生大学」で地域貢献を学び、卒業したメンバーが結成したボランティア団体。見守り活動を通じて、地域の住民が住み慣れた地域で安心して暮らせるまちづくりを目指して活動をしています。
 見守り活動は、ヘルパーの仕事をしていた同隊代表が、平成21年7月に、一人暮らしの高齢者を訪問した際、熱中症で亡くなっていたことを発見したことがきっかけ。この経験から、何か自分でもできることがないかと強い想いを持つようになりました。同団体は、熟年相談室地域包括支援センター江東園(江戸川1)を拠点に平成23年7月から活動を開始。会員らが地域を歩いて回り、一人暮らしなどで見守りが必要な熟年者世帯を自主的に調査・選定しました。当初は、数軒のみでチラシを置くだけの訪問になることもありましたが、徐々に信頼関係が築き上げられ、今では約630世帯もの熟年者世帯が対象。現在、会員約40名が交代で、週に3回、月に500件以上家庭を訪問し、身近な相談相手として熟年者のサポートを行っています。
 今日(29日)10時、「江戸川みまもり隊」のメンバーが2名1組となって江東園を出発。さっそく、街なかで「お変わりありませんか?」などと顔見知りの熟年者に声を掛けながら歩きました。訪問先に到着すると、趣味や世間話をしながら、生活の様子や健康状態の変化を確認していました。同隊は、「暑い日が続きますので、水分補給は欠かさずにしてくださいね。食事もしっかり摂って体力をつけましょう。」などと声を掛けました。今日訪問された一人暮らしの熟年者の女性は、「みまもり隊の方が訪問してくれるのが楽しみ。顔を見るととても安心します。」と笑顔で話しました。
同隊代表は、「今後、見守りが必要となる熟年者は増えていきます。行政だけでなく、町会やボランティアなど地域の力が必要となってきます。こうした活動が、区内全域に広がっていくと嬉しいです。」と今後の展望を話しました。
 区の調査(平成26年度)によると、区内に住む75歳以上で一人暮らしの熟年者は、10,198人。こうしたボランティアなどによる地道な活動は、熱中症予防だけでなく、熟年者が安心して暮らせる地域づくりに大いに役立っています。

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで


以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る