このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

平成27年4月22日 「自然動物園・ポニーランドガイドブック」販売開始

更新日:2015年7月13日

“自然動物園とポニーランドがまるわかり!”

 江戸川区では、自然動物園やポニーランドで生活する動物や馬などの生態を子どもたちに楽しく学んでもらい、より親しんでもらおうと、「自然動物園・ポニーランドガイドブック」を刊行。行船公園サービスセンターなどで販売を開始しました(制作:公益財団法人えどがわ環境財団)。
 江戸川区では、昭和50年に江戸川河川敷にかわいい小馬と子どもたちが遊べる「馬と楽しむ広場・ポニーランド(現:篠崎ポニーランド)」が開園。その後、昭和58年には、ウサギなどの小動物ともふれあうことができる「自然動物園」が行船公園内に開園しました。いずれも、子どもたちへの贈り物として、5月5日の「こどもの日」に合わせて開園。都内で初めての動物とふれあえる区立施設として誕生した両園は、いずれも入場料も無料とあって、現在も多くの家族連れでにぎわっています。
 今回刊行した「自然動物園・ポニーランドガイドブック」では、それぞれの施設で生活する動物の生態や特徴などを写真や絵図を使って分かりやすく紹介。小学校の授業で補助教材等としても利用できるよう、動物の生息地などを世界地図を用いて表現したり、自然環境への配慮の取組みなども紹介しています。また、園の飼育係や獣医など、動物たちの世話を行う職員の仕事内容にもふれ、動物の生活を支える職業が子どもたちにもイメージできるよう工夫されています。
 同財団の長谷川和男(はせがわとしお)事務局長は、「いずれの施設も23区で唯一、動物とふれあうことができるユニークな区立の園です。親子で楽しみながら学ぶことができる一冊となっていますので、両園に足を運んでもらい、より動物に親しんでもらいたいと思います。」と話しています。
 「自然動物園・ポニーランドガイドブック」は、A5判・全64ページ(表紙除く)。今回10,000部を作成し、行船公園サービスセンターや篠崎・なぎさポニーランド、富士公園サービスセンター等で1冊200円(税込)で販売します。今後は、区立小学校73校にも無料配付し、授業等で活用される予定です。

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで


以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る