このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

平成27年4月07日 ホテルシーサイド江戸川で「安曇野Fair」開催

更新日:2015年7月13日

“友好都市・姉妹都市企画第一弾”

 国内生産量一位の生わさびを添えた“信州蕎麦”の提供や“野沢菜漬”などの特産品の販売で、友好都市・安曇野(あづみの)市の豊かな自然に育まれた食材を存分に味わってもらおうと「ホテルシーサイド江戸川」(臨海町6丁目2番2号 電話:03-3804-1180)では、4月26日(日曜日)まで「安曇野Fair」を開催しています。
 北アルプスの麓に位置し、水の郷として知られる長野県安曇野市は、名水百選のひとつに選定され、豊富な水資源を利用して生産される“わさび”や“ニジマス”などの特産品が数多く産出されています。
 本区と安曇野市が友好都市盟約を交わしたのは昭和49年。健康で文化的な都市づくりの一環で、同市に区民の保養施設「穂高荘」の建設計画を進めていく中で、相互連携への気運が生まれ、盟約の実現に至りました。これ以降、子ども会のキャンプで互いの土地を訪れたり、両都市のまつりで特産品を販売したりするなどの交流で絆を深めてきました。
 「ホテルシーサイド江戸川」は、平成元年にオープンした23区唯一の区営リゾートホテル。東京湾に面した葛西臨海公園の中に立地し、四季折々の花々や緑に囲まれたロケーションと、平成22年に全客室をリニューアルした清潔な客室、一流のホテルサービスが特徴で、民間旅行会社の「人気ホテル・旅館」ランキングでは常に上位(4月7日現在、第2位)を保つ都内で人気のホテルです。
 同フェアは、今年、安曇野市が市制施行10周年を迎えることと、同ホテルを運営するホテルオークラエンタープライズ(東京都港区/代表取締役社長:小泉哲司)が区から指定管理を受けて10年目となることを記念して企画されたイベントで、9月には第二弾として、同じく友好都市・山形県鶴岡市の食材を使ったイベントも開催される予定です。
 館内ロビーには、北アルプスを望む雄大な風景写真や市内の見どころをおさめた観光マップ、水車小屋の模型などを展示。自然溢れる安曇野の風景写真からお気に入りの一枚を選び、抽選で「同ホテルペア宿泊券」や「ランチペア招待券」が当たるキャンペーンを実施しています。
レストランでは、「信州サーモン丼(1,944円)」のほか、区特産の小松菜と安曇野野菜を一緒に使用した「五目あんかけ焼きそば(1,620円)」などを提供。ランチメニューでは、程よく脂の乗った安曇野産ニジマスの温製エスカベッシュ仕立てや安曇野産わさびソースを使用した牛リブロースの網焼きなどのコース料理「安曇野スペシャル(2,592円)」が好評です。また、みやげコーナーでは、「安曇野のむヨーグルト(150ミリリットルl/183円)」や「葉わさびの醤油漬け(400グラム/648円)」、「信州そば(3人前/810円)」などの特産品が販売されており、安曇野のご当地グルメが身近に楽しめるイベントとなっています。
 期間中、ディナーメニューの「安曇野グルメコース(6,480円)」を召し上がった方の先着100名にオリジナルストラップをプレゼント。さらに抽選で10名の方には安曇野市農政課が提供する「安曇野産直お野菜セット(2,500円相当)」が当たるアンケートも実施しています。

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで


以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る