このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

人権に関するお知らせ

更新日:2017年11月8日

犯罪被害者週間「犯罪被害者とその家族の人権に配慮しましょう。」

11月25日〜12月1日は「犯罪被害者週間」です。

殺人、暴行、傷害、性犯罪、交通犯罪などによる被害は、ある日、突然、理不尽に誰の身にも起こり得ます。
犯罪被害に遭うと、身体を傷つけられ、生命を奪われるなどの直接的な被害(一次被害)だけでなく、稼ぎ手が失われることにより収入が途絶えてしまう、メディアの過剰な取材や周囲の人々の心無いうわさなど、犯罪後に発生する二次被害にも苦しめられます。
犯罪被害者とその家族の立場に立って考え、配慮や支援をすることが大切です。

犯罪被害に遭われた方々の相談窓口のご案内はこちらです。

憲法週間「基本的人権について考えてみましょう。」

5月3日(祝日)は「憲法記念日」、5月1日〜7日は「憲法週間」です。

 今から70年前の1947年(昭和22年)5月3日に日本国憲法が施行されました。
 日本国憲法は、「基本的人権の尊重」を重要な柱の一つにしています。この「基本的人権」とは、私たちが人間らしく生活していくために、誰もが生まれながらにして持っている当然の権利であり、すべての人が安心して幸せに暮らせる地域社会の実現に欠くことのできない大切なものです。
 しかし、私たちの身近なところでは、さまざまな人権問題が発生しています。

  • 子どもへの虐待やいじめ
  • セクシャルハラスメントや配偶者などからの暴力
  • 熟年者や障害のある人への差別や虐待
  • 同和地区(被差別部落)出身者に対する就職差別や結婚差別
  • 犯罪被害者やその家族への中傷や偏見(二次的被害)
  • 性的指向・性自認を理由とする差別や偏見
  • 特定の民族や国籍の人々を排斥する差別的言動(ヘイトスピーチ)
  • 公共施設やインターネット掲示板での差別的、あるいは差別を助長する書き込み

 全ての人々の人権が尊重され、平和で豊かな社会を築くためには、私たち一人ひとりが人権に関する正しい知識を身につけ、お互いを尊重し、認め合っていくことが必要です。
 区では、各種相談事業や講演会などを通じて人権意識の普及・啓発に努めているところですが、公衆トイレや河川敷に設置された看板などへの差別落書きなどが、残念なことに区内でも発生しています。
 この「憲法週間」を機会に、「基本的人権」の大切さについて考えてみましょう。

平成29年度啓発活動強調事項(法務省)

  • 女性の人権を守ろう
  • 子どもの人権を守ろう
  • 高齢者の人権を守ろう
  • 障害を理由とする偏見や差別をなくそう
  • 同和問題に関する偏見や差別をなくそう
  • アイヌの人々に対する偏見や差別をなくそう
  • 外国人の人権を尊重しよう
  • HIV感染者やハンセン病患者等に対する偏見や差別をなくそう
  • 刑を終えて出所した人に対する偏見や差別をなくそう
  • 犯罪被害者とその家族の人権に配慮しよう
  • インターネットを悪用した人権侵害をなくそう
  • 北朝鮮当局による人権侵害問題に対する認識を深めよう
  • ホームレスに対する偏見や差別をなくそう
  • 性的指向を理由とする偏見や差別をなくそう
  • 性自認を理由とする偏見や差別をなくそう
  • 人身取引をなくそう
  • 東日本大震災に起因する偏見や差別をなくそう

問い合わせ先

このページは総務部 総務課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

人権

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る