このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

特別区全国連携プロジェクト 「北海道渡島(おしま)地域 秋の魅力体験ツアー」

更新日:2018年8月10日

 北海道木古内町は、区の友好都市・山形県鶴岡市の姉妹都市で、区民まつり参加などを通じて交流を深めています。今回、道南の秘境で願い事が叶うと言われる青の洞窟を巡る矢越クルーズをはじめ、北海道新幹線で一層のにぎわいを見せる道南・渡島地域の魅力を存分に楽しめるツアーを開催します。

神秘的な”青の洞窟”と大自然の絶景クルーズ!魅力体験ツアーに行こう!

ご旅行期間

平成30年9月24日(月曜日)〜26日(水曜日)

旅行代金(お一人様/2〜3名1室)※諸税込

73,800円

  • 2泊7食・交通費含む(3歳未満のお子様は無料)
  • 4〜5名1室の場合は73,300円
  • 1名1室の場合:1泊につき追加料金8,000円

食事

朝食:2回・昼食:3回・夕食:2回

  • 1日目:昼(洋食ランチクルーズ)/夜(洋食メニュー)
  • 2日目:朝(ホテル)/昼(はこだて和牛御膳)/夜(旅館)
  • 3日目:朝(旅館)/昼(海鮮バーベキュー)

定員

10名
※最少催行人員5名

日程

日付 行程 朝食 昼食 夕食

9月24日
(月曜日・祝日)

東京駅(午前8時20分発) → はやぶさ5号 → 新函館北斗駅(午後0時22分着/午後0時40分発) → ターブル ドゥ リバージュにてご昼食(七飯町) → 地熱野菜 収穫体験(森町) → しかべ間歇泉公園 見学・買い物(鹿部町) → 五島軒にてご夕食(函館市) → ホテル → 函館山 → ホテル
※ホテル経由で函館山観光へ!(ホテルで降車可・観光参加は任意です)

-

【宿泊】 函館・ホテル函館ロイヤル(午後8時40分頃着)

9月25日
(火曜日)

ホテル(午前9時00分発) → 五稜郭タワー展望台見学(函館市) → 蕎麦処 瑠瞳にて昼食(木古内町) → 郷土資料館いかりん館見学(木古内町) → 矢越クルーズ乗船体験(知内町) → 旅館

【宿泊】 松前町・温泉旅館 矢野(午後5時30分頃着)

9月26日
(水曜日)

旅館(午前9時00分発) → 松前公園・藩屋敷ガイド見学(松前町) → 横綱千代の山・千代の富士記念館(福島町) → 浜焼ヤママルにて昼食(木古内町) → 木古内みそぎ街歩き(木古内町) → 町営住宅見学 道の駅みそぎの郷きこない 買い物(木古内町) → 木古内駅 → はやぶさ26号 → 東京駅(午後7時04分着)

-

お申し込み

申し込み用紙に必要事項をご記入いただき、9月2日(日曜日)までに、FAX(0138-62-3775)又は官製ハガキに必要事項を記入し、日本旅行北海道函館支店まで送付

お問い合わせ・申込み先

日本旅行北海道 函館支店
〒041-0821 函館市港町1丁目2番1号
ポールスターショッピングセンターC 棟2階
電話:0138-62-3770

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

問い合わせ先

このページは経営企画部 都市戦略課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

北海道木古内町(交流都市)

  • 木古内町概要
  • 特別区全国連携プロジェクト 「北海道渡島(おしま)地域 秋の魅力体験ツアー」

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る