このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

3-3 どのくらいの高さまで建物を建てられますか?

更新日:2009年2月6日

絶対高さの制限

 絶対高さの制限は、良好な住居の環境を保護するため、敷地、道路の幅員等に関係なく水平面で建物の高さを制限するものです。区内の第一種低層住居専用地域の建物高さは原則として10メートル以下としなくてはなりません。

道路からの制限(道路斜線)

 道路に面する建物により、日照、採光、通風を阻害するビルの谷間をつくらないよう、道路の反対側の境界線から一定の範囲内(適用距離は地域により異なります)で斜線による建物の高さの制限を定めています。(道路斜線)
 斜線の勾配は、用途地域が住居系の地域では1.25、その他の用途地域では1.5と定められています。
 また、前面道路の境界線から後退して建物を建てる場合(セットバック)は、後退した距離に相当する分だけ前面道路の反対側境界線は外側にあるものとみなされます。この場合、後退した部分に設ける塀、門等について規制があります。

隣地からの制限(隣地斜線)

 建物高さの限度(絶対高さ)がない用途地域において、建物が高くなりすぎて隣地間での通風、採光などを十分に確保することが難しくならないように、隣地境界から斜線による高さの制限があります。(隣地斜線)
 隣地斜線勾配は、住居系の用途地域では地上20メートルを超える部分で1.25、その他の用途地域では地上31メートルを超える部分で2.5の勾配と定められています。
 また、住居系の用途地域では地上20メートル(その他の用途地域では地上31メートル)を超える部分で建物と隣地境界との間に後退部分がある場合には斜線の緩和があります。

北側からの制限(高度地区)

 この制限は北側の隣地への日照、採光、通風などを保護するものです。区内では、地域によって、第一種から第三種までの高度地区が指定されており、種別ごとに真北方向の隣地境界線、または道路の反対側の境界線からの斜線による高さの制限があります。

問い合わせ先

このページは都市開発部 建築指導課が担当しています。

本文ここまで


以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る