このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

5-2 安全な建物にするために工事途中で区のチェックを受けなくてはいけませんか? 

更新日:2009年2月6日

建築計画開始
  ↓
関係機関と協議
  ↓
建築確認
  ↓
工事着手
  ↓

中間検査
  ↓
建物完成
  ↓
完了検査
  ↓
完成後の諸手続き

工事に際しての注意点

 実際に建築工事に入ると、建物の出来具合が気になるところです。業者任せにせず、建築主も工程のポイントごとにチェックを行うとよいでしょう。また、工事が周囲に与える影響に気を配ることも大切です。

中間検査

 阪神・淡路大震災では、施工の不備が原因と考えられる被害が多く見られました。そこで、地震に対する安全性の確保等を目的とし、工事中に区(または指定確認検査機関)が検査を実施する制度(中間検査)ができました。この検査は、工事が特定の工程に達した段階で受けるもので、用途は問わず一定の構造と規模の建築工事にあっては中間検査を受けなければなりません。

中間検査が必要な建物

 構造に関わらず、3階建て以上すべての建築物

 中間検査を受ける工程(特定工程)は構造により異なります。(木造3階建ての場合は屋根工事が完了した段階です。)
 なお、中間検査合格証の交付を受けたあとでなければ、次の工事に着手することはできません。

問い合わせ先

このページは都市開発部 建築指導課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

5.工事に際しての注意は?

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る