このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

国民年金の届け出

更新日:2016年4月11日

区役所・各事務所に届け出る必要がある場合

いずれの場合も、届出人の本人確認できるものをご持参ください。

区役所・各事務所へのアクセス

20歳になったとき(厚生年金の加入者は届出の必要はありません)

 必要なもの:国民年金被保険者資格取得届書(日本年金機構から郵送されます)
 ※ 納付が困難な場合は、学生納付特例制度や免除制度の申請もできます。

厚生年金をやめたとき(第2号被保険者から第1号被保険者へ)

 必要なもの:年金手帳、離職証明などの退職日のわかるもの
 ※ 納付が困難な場合は、学生納付特例制度や免除制度の申請もできます。

自分を扶養している配偶者が、厚生年金をやめたとき、または65歳になったとき、
増収などにより扶養からはずれたとき(第3号被保険者から第1号被保険者へ)

 必要なもの:年金手帳、配偶者の退職日のわかるもの(資格喪失証明書、退職証明書、離職票)、扶養削除証明書など

付加保険料の加入申込をしたいとき(国民年金基金加入者は加入できません)

 必要なもの:年金手帳

保険料の納付が困難なとき(免除制度)(所得制限があります)

 必要なもの:印鑑、年金手帳
 ※ 1月2日以降に転入した場合、前住所地の所得証明書等(所得額と各種控除の記載があるもの)を添付すると、
   免除の審査が早くなります。
 ※ 退職者については、所得制限に特例があります。
 国民年金の保険料免除制度

学生で保険料の納付が困難なとき(学生納付特例制度)(所得制限があります)

 必要なもの:年金手帳、学生証
 ※ 学校教育法に規定された大学(院)・短期大学・高等専門学校・専修学校などの学生が申請できます。
 ※ 個別の対象校については、直接お問い合わせ下さい。
 学生納付特例制度

区外に転出したとき

 必要なもの:転出先で住所変更届

外国より転入されたとき(第1号被保険者)

 必要なもの:年金手帳

外国に転出するとき

 原則的には、海外転出日をもって国民年金の資格は喪失することになります。
 ただし、任意で国民年金に加入し、納付することもできます。
 また、社会保障協定などにより、転出先の相手国の年金制度との関係が異なります。
 詳しくは直接お問い合わせください。

国民年金の受給資格期間に足りないため、国民年金に任意に加入するとき、または年金額の増額のため、国民年金に任意に加入するとき

 必要なもの:年金手帳、通帳、通帳の届出印
 ※ 60歳到達日以後の手続きになります。
 ※ 原則、口座振替での納付となります。
 ※ 受給資格期間の確認のため、他の書類が必要になることがあります。直接お問い合わせください。

勤務先に届け出る必要がある場合

厚生年金に加入したとき(第1号被保険者から第2号被保険者へ)

 必要なもの:年金手帳

厚生年金に加入している人が配偶者を扶養にとったとき(第1号被保険者から第3号被保険者へ)

 必要なもの:配偶者の年金手帳

厚生年金に加入している人が配偶者を扶養しなくなったとき(第3号被保険者資格喪失届)

 必要なもの:配偶者の年金手帳

問い合わせ

国民年金係 電話:03-5662-0574

問い合わせ先

このページは生活振興部 地域振興課が担当しています。

本文ここまで


以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る