このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

平成21年度第1回協議会について

更新日:2010年3月25日

第1回江戸川区地域公共交通活性化協議会開催

平成21年9月8日(火曜日)午後4時〜
グリーンパレス芙蓉にて開催されました。
議事内容については以下のとおりです。

<報告>
1 国土交通大臣表彰について
 平成21年7月8日(水曜日) 国土交通省にて「平成21年度地域公共交通活性化・再生優良団体大臣表彰」を受賞しました。

<議事概要>
1 平成20年度決算報告について
 平成20年度の環七シャトルバス実証運行による運賃収入が206,685千円となり運行経費の199,214千円を上回り黒字へ転換しました、これにより実証運行負担金が0円となりました。
決算報告に続き会計監事より平成20年度監査結果の報告がされ、承認されました。

2 輸送実績について

1.平成21年度(21年4月〜8月)輸送人員
  平日(104日間) 土休日(49日間) 計(153日間)
21年4月から8月計 平日325,757人 土休日165,232人 計490,989人
一日平均 平日3,128人 土休日3,386人 計3,209人
一便平均 平日31.3人 土休日35.3人 計32.5人

△最高値  平成21年7月30日(木曜日) 4,347人
▼最低値  平成21年5月24日(日曜日) 2,435人

2.輸送傾向について

  • 本年4月の輸送人員が94,608人を数えて以降、5月以降も毎月9万人以上を保つまでになり、運行便数は昨年と同じでありながら、前年同月対比で20%前後増加しています。
  • 特に7月、8月は、夏休みのレジャー需要によるためか、運行開始して以来、初めて月別の利用人員が10万人を越えました。
  • なお、7月30日(木曜日)は、一日の輸送人員は4,347人(JR京葉線の輸送障害における代替輸送需要によるもの)で、一日における輸送人員の史上最高値を更新しました。また、21年度の最低値は5月24日(日曜日)の2,435人で、昨年度(1,653人)と比べて利用がより定着したといえます。

3 平成21年度事業執行状況について
1.専用バス車両の導入について
今年度シャトル☆セブンの専用車両を導入する計画となっており、現時点で固まっている仕様等報告いたしました。

(1)導入計画

  • 導入時期:平成21年12月頃(予定)
  • 車両数:4両(予定)

(2)基本仕様

  • メーカー・型式:日野自動車製「ハイブリッドノンステップバス」
  • 大きさ:幅2.49m長さ10.92m高さ3.29m
  • 乗車人数:73人乗り(座席28+立席44+乗務員1)

(3)コンセプト

a)一般路線バスとの差別化
1)外装

  • 現行のピンク色のデザインを踏襲しつつ、側面のShuttle☆Sevenの文字を車両中央に移動、4両それぞれ文字色を変える、キャラクターを大きく目立たせる等
  • 車両屋根の四隅にマーカーランプを設置、夜間の認識度をあげる

2)内装

  • 専用シートデザインに変更、配色も赤と青の二種類にする
  • 車内にもラッピングを施し、特別な車両を印象付ける。

3)車内装備

  • お客様カウンターを料金箱後ろに設置
  • 2画面液晶を車両前方に設置

b)人、まち、環境に優しいバス
1)モーターアシストによる低排出ガスのハイブリッドバスを採用
2)バリアフリー対応のノンステップバスを採用し車椅子スペースも2台分確保している
c)長時間乗車にも対応する車両
長時間乗車の快適性を追求しハイバックシートを採用、また、長時間乗車での横揺れ軽減の為、すべての座席を前向きとする

4)その他

  • UVカットガラスを採用
  • バックアイカメラを装備
  • 優先席に杖や傘を置くホルダーを設置

2.バス停留所の整備について
今年度整備予定箇所

  • 葛西臨海公園       1基
  • 総合レクリエーション公園 2基
  • 古川親水公園       2基

以上がバス停整備の計画ですが、葛西臨海公園駅は、既に新たな場所に完成しており8月1日より供用を開始しております。今後バスロケーションシステムを設置する予定です。
総合レクリエーション公園のバス停につきましては、停車本数が多く、都バスの滞留を招いておりシャトルのバス停を他の場所に移す方向で場所の検討を行っておりますが各候補地にはそれぞれ課題があり調整を行っているところです。
古川親水公園についてはバス停の下を川が流れており、地下構造物の関係で上屋が建てられるかの検討のため、これから調査に入ります。

3.走行環境整備(バスレーン・PTPS)について
今年度に環状七号線の自動車の走行状況を調査し、バス交通におけるバスレーンやPTPS設置可能性を検討する際のデータとして活用するとともに、走行環境上の問題箇所や改善区間等を抽出し走行環境改善策の検討を行うために、「環状七号線の走行環境調査」を行います。
調査範囲は、亀有駅付近〜葛西臨海公園の間を予定しております。

4.利用促進PRについて
1)サポーター通信
 年4回の発行予定(第1号は7月に発行済み)
2)利用促進ポスター
夏休みの利用促進を図るため、7月にポスターを作成し京成バス車内及び区庁舎等に掲示しました。
3)沿線花だより
 江戸川区環境促進事業団が、環七シャトルバスの停留所周辺の公園施設や各種イベント案内のポスターを2か月ごとに作成してくれております。
・掲示場所  環七シャトルバスの停留所
       小岩・一之江・葛西駅周辺の各商店街
・チ ラ シ  区内の各区民施設・コミュニティ会館・サポートセンター           
       京成バス株式会社でも配布

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

問い合わせ先

このページは都市開発部 まちづくり調整課が担当しています。

本文ここまで


以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る