このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

医療費が高額になったとき(70歳未満の方)

更新日:2017年8月1日

下記に該当する場合、申請により高額療養費が支給されます。該当する世帯には、通常、診療月の約3か月後に「高額療養費支給申請書」をお送りします。

注意

  • 診療月の翌月1日から2年を過ぎると時効になり申請できません。
  • 医療機関等へのお支払いが済んでいない場合は申請できません。
  • 支給額は世帯主名義の口座にお振込みします。
  • 支給額が発生しない世帯へはお知らせしません。

1 医療費が自己負担限度額を超えたとき

同じ人が同じ月内に同じ医療機関に支払った一部負担金が、下表の限度額を超えたとき、申請により超えた分が「高額療養費」として支給されます。
過去12か月間に同一世帯で高額療養費の支給が4回以上あった場合、4回目以降は自己負担額がさらに減額されます。

所得区分 (世帯) 限度額
区分
自己負担限度額
年3回目まで 年4回目以降
基準総所得額※
901万円超
(住民税未申告世帯を含む)
252,600円+
(総医療費−842,000円)×1%
140,100円
基準総所得額
600万円超〜901万円以下
167,400円+
(総医療費−558,000円)×1%
93,000円
基準総所得額
210万円超〜600万円以下
80,100円+
(総医療費−267,000円)×1%
44,400円
基準総所得額
210万円以下
57,600円 44,400円
住民税非課税 35,400円 24,600円

※基準総所得額=前年の総所得など−住民税の基礎控除(33万円)
「限度額適用認定証」を医療機関の窓口に提示することで、医療機関への支払いが自己負担限度額までで済みます。
→申請方法はこちらをご覧ください。

計算例(限度額区分が「ウ」

病院の窓口で支払った一部負担金が90,000円(3割負担)になった場合
・医療費の総額(10割分)= 90,000円 ÷ 3×10 = 300,000円
・自己負担限度額     = 80,100円 + ( 300,000円 − 267,000円 )×1%= 80,430円
・支給額         = 90,000円 − 80,430円 = 9,570円

2 同じ世帯内で合算して限度額を超えたとき

同じ世帯で、同じ月内に一部負担金を21,000円以上支払ったものが複数あるときは、それらの額を合計して、自己負担限度額を超えた分が支給されます。

3 高額療養費の計算上の注意

  • 各月の1日から末日までを1か月として計算します。
  • 各医療機関ごとに別々に計算します。
  • 同一の医療機関でも、入院と外来は別々に計算します(医科と歯科は別計算です。)。
  • 途中で保険の種類が変更になった場合は別計算です。
  • 入院時の差額ベッド代、食事代及び保険外診療は対象外です。

問い合わせ

国民健康保険給付係
電話:03-5662-8053

問い合わせ先

このページは健康部 医療保険課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る