このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

子ども医療費助成制度

更新日:2016年4月1日

 この制度は医療費を助成することによってお子さんの健やかな育成に寄与し、子育て世代への経済的負担の軽減を図ることを目的とします。
 中学3年生までのお子さんが病院等の医療機関で健康保険証を使用して診療を受けたとき、医療費の自己負担分を助成します。
 子ども医療証(マル乳医療証またはマル子医療証)を取扱う医療機関の窓口に提示することにより、保険診療の自己負担分を支払わずに受診できます。
 平成28年4月以降、子ども医療費助成の申請に、お子さんのマイナンバーの確認が必要となります。
 マイナンバーの利用が必要となる手続きや必要書類については、下記の「医療証の交付を受けるには」をご確認ください。

対象者

助成を受けられるお子さんは

 江戸川区内に住んでいる、国民健康保険・社会保険などの健康保険に加入している子ども(乳幼児・義務教育就学児)が対象です。所得制限はありません。

  • 乳幼児(0歳から6歳到達後の最初の3月31日まで)→乳幼児医療証(マル乳)
  • 小中学生(6歳到達後の4月1日から15歳到達後の最初の3月31日)→子ども医療証(マル子)

助成を受けられないお子さんは

 次のいずれかに該当する方は他の制度による助成がありますので対象となりません。

  • 生活保護を受けている方
  • 児童福祉施設(乳児院など)に入所している方
  • 里親に委託されている方

助成内容

助成される医療費は

 病院等で支払う医療費のうち、保険診療の自己負担分を江戸川区が助成します。ただし、入院時の食事代(食事療養標準負担額)は一旦負担していただき、後日還付請求することで助成します。

助成されない医療費は

  • 保険診療に該当しないもの(差額ベッド代・薬の容器代・文書料・予防接種代・健診料など)
  • 各健康保険組合等から支給される高額療養費、家族療養費附加金該当分(注記1)
  • 学校、幼稚園、保育園の管理下での傷病、疾病などで、日本スポーツ振興センター法が適用される医療費
  • 交通事故など第三者行為による傷病
  • 特定の疾病等で、他の医療費助成を受けられる分(注記2)

(注記1)高額療養費とは、1ヶ月の医療費が所得の区分による一定の自己負担限度額を超えた場合、加入されている健康保険組合等より給付されるものです。また、家族療養費附加金とは、自己負担額が健康保険組合等の定めた金額を超えた場合、加入されている健康保険組合等より給付されるものです。
(注記2)他の医療費助成を受けても自己負担額がある場合は、還付請求ができます。

医療証の交付を受けるには

 この制度を利用するためには申請が必要です。
 お子さんが生まれた時、または江戸川区に転入された時から、3か月以内に手続きをすれば、出生日・転入日から助成対象になります。3か月を過ぎると手続きをした日からの助成対象となります。

申請場所

 区役所本庁舎東棟2階4番児童女性課窓口または各事務所保険年金係窓口

申請に必要なもの

区分 必要なもの
保護者が申請する場合

・申請者の本人確認書類(運転免許証、健康保険証等)
・子どもの健康保険証(出生の場合は加入予定の保険証で可)
・子どもの個人番号確認書類(注記1)
・認印

代理人が申請する場合

・申請者(代理人)の本人確認書類(運転免許証、健康保険証等)
・子どもの健康保険証(出生の場合は加入予定の保険証で可)
・子どもの個人番号確認書類(注記1)
・代理権確認書類(委任状または保護者の本人確認書類(運転免許証、健康保険証等))
・認印

(注記1)具体的な個人番号確認書類は以下をご覧ください。

個人番号確認書類
マイナンバーカード(個人番号カード)
通知カード
個人番号が記載された住民票の写し・住民票記載事項証明書

医療証を紛失したときは

 医療証を紛失または破損・汚損してしまったときは、再交付申請ができます。

申請方法

 「窓口申請」または「郵送申請」のいずれかの方法により申請してください。なお、窓口申請に関しては区役所本庁舎東棟2階4番児童女性課窓口または各事務所保険年金係窓口にてお受けいたします。

区分 必要なもの
窓口申請 子どもの健康保険証
認印
郵送申請 再交付申請書
子どもの健康保険証コピー

【送付先】
 〒132-8501 江戸川区中央1丁目4番1号 子ども家庭部児童女性課医療費助成係

【電子申請サービス終了のお知らせ】
 事業の見直しにより、平成28年3月29日の申請受付分をもって「医療証再交付」の電子申請サービスは終了いたしました。利用者の皆様にはご不便をおかけ致しますが、何卒ご了承いただけますようお願い致します。

医療証の内容に変更があったときは

 医療証印鑑をお持ちになり、変更届が必要になります。区役所本庁舎東棟2階4番児童女性課窓口または各事務所保険年金係窓口にて届出をしてください。

届出が必要になる場合

  • 住所が変わったとき
  • 保護者が変わったとき
  • 保護者または子どもの氏名が変わったとき
  • その他医療証の記載事項に変更があったとき
  • 加入している健康保険が変わったとき(健康保険変更のみ郵送申請可注記1、2)

(注記1)江戸川区国民健康保険に加入したときは、届出は必要ありません。
(注記2)医療証は現在お持ちのものを引き続きご使用できます。

受診するときは

 都内の取扱病院・診療所・薬局等の窓口に、健康保険証と医療証を提示してください。
 提示がない場合、医療費の全額または一部を負担することになります。都外の医療証を取り扱わない病院、診療所、薬局等で受診した時は、自己負担額を支払い、領収書を大切に保管してください。後日下記のとおり還付申請してください。
 東京都以外の国民健康保険組合に加入されている方は、医療証を病院等で使用することができません。自己負担額を支払い、下記の還付申請をしてください。(例:埼玉土建国保、千葉医師国保、神奈川県食品衛生国保など)

還付申請をするときは

 都外の病院等、医療証を取り扱わない医療機関での受診や入院に伴う食事代(食事療養標準負担額)について、また医療証を不携帯で受診したときも還付申請ができます。
 下記の書類を添えて区役所本庁舎東棟2階4番児童女性課窓口または各事務所保険年金係窓口にて申請してください。

必要なもの
子どもの健康保険証
マル乳医療証・マル子医療証
領収書原本(受診者氏名、保険点数など記載)
医療証に記載されている保護者名義の預金通帳
認印

(注釈)
 還付申請の期限は、医療費を支払った日の翌日から起算して5年です。ただし、全額自己負担したとき(健康保険証を持参せずに受診した場合、補装具を作った場合など)や高額療養費に該当したときは、健康保険組合等への申請が必要です。健康保険組合等への申請については、時効が別に定められていますので、お早めにご加入の健康保険組合等へご相談ください。健康保険組合等から療養費が支給されない場合、子ども医療費助成も支給されませんので、ご注意ください。

医療費の自己負担額が高額療養費に該当する方は・・・

 医療費の自己負担額が高額療養費に該当すると思われるときは加入している健康保険組合等に「限度額適用認定証」を発行してもらい、医療機関に提示をすると、医療機関の窓口で支払う金額が軽減されます。(詳しくは加入している健康保険組合等へご確認ください。)

必要なもの
限度額適用認定証(使用された場合)
子どもの健康保険証
マル乳医療証・マル子医療証
領収書原本(受診者氏名、保険点数など記載)
医療証に記載されている保護者名義の預金通帳
認印

健康保険組合等より家族療養費附加金が支給される方は・・・

 家族療養費附加金とは、自己負担額が健康保険組合等の定めた金額を超えた場合、加入されている健康保険組合等より給付されるものです。(家族療養費附加金の制度は健康保険組合等により基準が異なります。詳しくは加入している健康保険組合等へご確認ください。)

必要なもの
家族療養費附加金支給決定通知書(健康保険組合等で発行)
子どもの健康保険証
マル乳医療証・マル子医療証
領収書原本(受診者氏名、保険点数など記載)
医療証に記載されている保護者名義の預金通帳
認印

健康保険証を提示せず医療費の全額(10割)を支払った方は・・・

 病院などの窓口で医療費を全額(10割)支払った場合、健康保険組合等に請求し、保険給付分の払い戻しを受けることができます。保険診療分から支給金額を差し引いた額を申請できます。(詳しくは健康保険組合等にご確認ください。)

必要なもの
療養費支給決定通知書(健康保険組合等で発行)
子どもの健康保険証
マル乳医療証・マル子医療証
領収書のコピー(受診者氏名、保険点数など記載)
医療証に記載されている保護者名義の預金通帳
認印

補装具(治療用装具)を作り全額支払った方は・・・

 補装具(治療用装具)などを製作したときは、いったん補装具の料金を全額(10割)支払うことになります。健康保険組合等に請求し、保険給付分の払い戻しを受けることができます。補装具の料金から支給金額を差し引いた額を申請できます。ただし、小児弱視の治療用眼鏡は保険適用となる上限額があります。(詳しくは健康保険組合等にご確認ください。)

必要なもの
治療用装具支給決定通知書(健康保険組合等で発行)
診断書または指示書のコピー(受診者氏名など記載)
子どもの健康保険証
マル乳医療証・マル子医療証
領収書のコピー(受診者氏名、保険点数など記載)
医療証に記載されている保護者名義の預金通帳
認印

特定疾病等の医療証をお持ちの方は・・・

 特定疾病の医療費を軽減する制度があります。特定疾病等の医療証を使って残った自己負担額を申請できます。特定疾病等の医療証については江戸川保健所へお問い合わせください。

必要なもの
特定疾病等の医療証(小児慢性特定疾患医療受給者証等)のコピー
子どもの健康保険証
マル乳医療証・マル子医療証
領収書原本(受診者氏名、保険点数など記載)
医療証に記載されている保護者名義の預金通帳
認印

柔道整復師(接骨院、整骨院等)の施術を受けた方は・・・

必要なもの
柔整療養費支給申請書のコピー
子どもの健康保険証
マル乳医療証・マル子医療証
領収書原本(受診者氏名、保険点数など記載)
医療証に記載されている保護者名義の預金通帳
認印

申請の受付窓口は

 区役所またはお近くの事務所窓口で手続きしてください。

問い合わせ先

このページは子ども家庭部 児童女性課が担当しています。

本文ここまで


以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る