このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

青少年の翼

青少年の翼とは

画像 現地での集合写真

青少年の翼事業では、国際感覚を持った人材の育成を目的に、『青少年の翼基金』を活用して区内の青少年を海外に派遣します。派遣団員はホームステイや人々との交流を通して、諸外国の生活や文化を体験します。

 『青少年の翼基金』

平成元年9月「社会のために役立ててください」と故野村喜代さんから、多大な寄付を受けました。江戸川区はそれを基に、同年12月「野村国際交流基金」を設置しました。

その後、平成7年10月、故立井隆さんからの多大な寄付を受け、名称を「野村・立井国際交流基金」としました。この基金を活用して、「野村・立井国際交流基金事業」として、平成2年から姉妹都市ゴスフォード市(現在はワイオン市と合併し、セントラルコースト市)を中心とする、オーストラリア諸都市に区民を派遣し、国際化の推進と文化の向上を図ってきました。

そして、平成15年、基金を活用して新たな事業「青少年の翼」がスタートし、59名の中高校生を海外2か国に派遣しました。
その善意は多くの方に受け継がれ、平成27年度より『青少年の翼基金』になりました。これまでに多くの方からご支援をいただき、青少年の翼はこの基金で運営されています。

江戸川区の青少年が海外で、雄大な自然に触れたり、文化体験や世界の人々との交流を通して、「国際人」「地球人」としての意識を持ってもらうことが大きな目的です。

派遣後、団員一人ひとりが、青少年の国際交流活動の担い手として成長、活躍することを期待しています。

「青少年の翼のあゆみ」

過去に実施した「青少年の翼」の内容は、下記のリンクよりご覧いただけます。

平成28年度(第14回)「青少年の翼」の様子(えどがわ区民ニュース)

平成28年度に実施した第14回の「青少年の翼」のビデオリポートを、下記リンクよりご覧いただけます。

はばたけ世界へ!第14回 青少年の翼

先輩団員の体験談

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで


以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る