このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

東京都扶養共済制度

更新日:2014年2月20日

障害のある方を扶養している保護者が、毎月一定の掛金を納めることにより、万が一、保護者の方が死亡または重度障害の状態になったとき、障害のある方に対して終身一定額の年金が支給される、任意加入の制度です。

1 加入資格(障害者)

次のいずれかに該当する方で、将来独立自活することが困難であると認められる方です。

  • (1)知的障害者
  • (2)身体障害者で、等級が1級から3級までに該当する方
  • (3)精神または身体に永続的な障害があり、その程度が上記(1)または(2)と同程度と認められる方(精神疾患、脳性まひ、進行性筋萎縮症、自閉症、血友病など)

2 加入資格(保護者)

上記障害のある方を、現に扶養している保護者であること

  • (1)東京都内に住所があること
  • (2)加入年度の初日(4月1日)の年齢が65歳未満であること
  • (3)特別な疾病や障害がなく、保険契約の対象となる健康状態であること

3 掛金(月額)

掛金は、加入者(保護者)の加入時年齢により異なります。
障害者1人につき2口まで加入できます。
加入者が生活保護を受けている場合や、住民税が非課税の場合は、1口目の掛金のみ2分の1に減額されます。

月額掛金一覧
保護者の加入時年齢 月額(1口)
35歳未満 9,300円
35歳以上40歳未満 11,400円
40歳以上45歳未満 14,300円
45歳以上50歳未満 17,300円
50歳以上55歳未満 18,800円
55歳以上60歳未満 20,700円
60歳以上65歳未満 23,300円

4 掛金の納付期間

次の2つの要件を両方とも満たした以後の加入月から、掛金を納める必要がありません。

  • (1)年度初日(4月1日)の加入者の年齢が65歳となったとき
  • (2)加入期間が20年以上となったとき

5 年金額(支給される月額・期間)

1口につき月額20,000円が、心身障害者に終身支給されます。

6 加入に必要なもの

(1)身体障害者手帳、愛の手帳(もしくは療育手帳)、精神障害者保険福祉手帳のいずれか

手帳を取得されていない場合は、診断書(所定様式)が必要となります。

(2)加入者および年金管理者の印鑑

(3)加入者が障害者を扶養していることが確認できるもの

心身障害者の健康保険証、加入者の源泉徴収票など)

(4)加入者、障害者および年金管理者が記載されている住民票

同一世帯でない場合は、それぞれの関係が証明できる戸籍謄本等も必要です。

上記以外にも申請時に提出が必要な書類があります。 手続きされる前にお問い合わせください。

7 その他の注意点

  • (1)申込から承認までは2〜3か月程度の期間を要します。
  • (2)掛金を2か月滞納すると脱退となります。申込前に十分ご検討ください。
  • (3)心身障害者が加入者より先に亡くなったときや、掛金を2か月滞納し脱退となったとき、加入者の申し出により脱退したときなどは、年金は給付されません。

問い合わせ先

このページは福祉部 障害者福祉課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

扶養共済

  • 東京都扶養共済制度

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る