このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

医療費助成

更新日:2017年4月1日

健康保険証を使って、病院などで診療・投薬を受けたときの医療費の自己負担分の一部を助成します。ただし、所得制限、年齢制限等があります。

助成の対象となる障害の程度

  • 身体障害者手帳1・2級、内部障害(心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸、肝臓、ヒト免疫不全ウィルスによる免疫の機能障害)3級まで
  • 愛の手帳1・2度

助成についての制限

(1)所得制限

  • 本人所得(20歳未満の場合は国民健康保険の世帯主、または社会保険の被保険者の所得。)が限度額を超えている時は、申請できません。⇒該当年度の所得が限度額以内になった場合は、申請ができます。
  • 所得制限額は、毎年9月から翌年の8月まで適用され、毎年改定されます。所得制限額につきましては、東京都福祉保健局の「心身障害者医療費助成制度(マル障)」をご覧ください。
  • 未成年の方で、保護者の所得が限度額を超えているため医療費助成の申請ができないときは・・・⇒未成年の方が成人されたときは本人の所得で判定します。本人所得が限度額以内の場合には、20歳になる月に申請することができます。

(2)施設入所の制限

児童福祉法の措置による施設入所の方は助成の対象外です。
助成を受けていた方は消滅の届出が必要です。

(3)年齢制限

65歳以上で新規に身体障害者手帳または愛の手帳を取得された方は、助成の対象外です。(ただし、都外からの転入者で65歳未満で手帳の交付を受けていた方は、特例として認められる場合もあります。詳しくはお問い合わせください。)

(4)生活保護受給の場合

対象外であり、申請できません。助成を受けていた方は消滅の届出が必要です。

医療費助成額と自己負担額

入院時食事療養標準負担額、保険診療以外の費用、介護保険の利用者負担額は助成されません。

  • 住民税非課税者…助成額は保険による自己負担額⇒自己負担なし
  • 住民税課税者……助成額は保険による自己負担額⇒自己負担1割(注記)

(注記)ただし、高額医療費制度適用により、入院時1か月44,400円、外来のみの場合1か月12,000円を上限とします。高額医療費対象額を自己負担した場合は、区を通じて後日、払い戻します。

心身障害者医療費助成の申請手続

申請には次の書類が必要です。

  • 身体障害者手帳または愛の手帳
  • 健康保険証
  • 印鑑
  • 課税証明書(ただし、江戸川区で課税状況を公簿確認できる方は不要です。)

申請者本人(20歳未満の場合は国民健康保険の世帯主、または社会保険の被保険者の所得)の所得額、控除額、扶養人数等の詳細が記載されているもの

1月から8月に申請される方
前年の課税証明書(前前年所得に課税されたもの)

9月から12月に申請される方
本年の課税証明書(前年所得に課税されたもの)

  • 住民税:1月1日の居住地において前年中の所得に対して課税します。
  • 申請方法は課税した自治体にご確認ください。

「マル障受給者証」有効期間

申請により助成対象者には、「マル障受給者証」を発行します。
有効期限は

  • 始期…申請のあった月の初日
  • 終期…最初に到達する8月31日

医療費助成の方法

(1)現物支給(原則)

医療機関では、健康保険証と「マル障受給者証」を提出して、受診してください。

(2)現金支給

払い戻し(償還払い)による支給

  • 「マル障受給者証」を受け取ったが、すでに健康保険の自己負担額がある場合
  • 東京都と契約をしていない医療機関にかかり、現物支給が受けられなかった場合

払い戻し(償還払い)の手続きには、必要な書類がありますので、お問い合わせください。

「マル障受給者証」の再交付が必要なとき

  • 区内で住所が変わったとき
  • 氏名が変わったとき
  • 受給者証をなくしたとき

※手続きには、身体障害者手帳または愛の手帳、受給者証、印鑑、健康保険証が必要です。

保険が変わったとき

加入している健康保険が変わったときは、区に届け出てください。

※手続きには、健康保険証、受給者証、印鑑が必要です。

マル障受給者証を返還しなければならないとき

次の場合は、受給者証を区にお返しください。

  • 江戸川区から転出したとき
  • 生活保護を受けるようになったとき
  • 保険の自己負担分が助成される施設に入所したとき
  • 助成事由消滅通知書を受け取ったとき
  • 受給者証の有効期限が切れたとき
  • 住民税課税の方が、後期高齢者医療制度に加入したとき
  • 受給されている方がお亡くなりになったとき

「マル障受給者証」の更新

既に受給者証をお持ちの方には、毎年8月31日までに所得確認のうえ、新しい受給者証またはお知らせをお送りします。

問い合わせ先

このページは福祉部 障害者福祉課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る