このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

小児慢性特定疾病医療費助成制度

更新日:2017年7月14日

対象者

都内に住民登録がある18歳未満で対象の疾病にかかっており、認定基準を満たす方。なお、18歳を超えても引き続き医療を受ける場合は有効期限内に更新する場合に限り、満20歳未満まで延長できます。
※東京都外から転入した18歳以上の方は、前住所地の医療受給者証を有していても手続きが遅れると医療費助成が受けられません。速やかに申請してください。

対象疾病

対象疾病は「小児慢性特定疾病情報センター」のホームページで公開しています。病状によって提出する医療意見書が異なりますので、詳しくは主治医(指定医)にご相談ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。小児慢性特定疾病情報センター

医療費助成の内容

申請日以降の認定された疾病にかかる医療費等のうち、各医療保険を適用し、その自己負担額の一部(生活保護等受給者は全額)を助成します。
※医療保険が適用されない費用(差額ベッド代など)は助成されません。

・同一世帯内に2人以上の対象者がいる場合は、自己負担上限額が世帯単位で按分されます。
・東京都から審査結果が通知されるまで、2ヶ月程度かかります。

制度について

この制度は東京都の制度です。
江戸川保健所および各健康サポートセンターでは、江戸川区に住民登録がある方の申請受付を行っています。
制度については、東京都福祉保健局のホームページをご確認ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京都福祉保健局ホームページ「小児慢性特定疾病医療費助成」

小児慢性特定疾病医療費助成における指定医療機関、指定医について

医療費助成が受けられる医療機関は、所在地の都道府県知事から指定を受けた医療機関のみです。
また、医療意見書を記載することができるのは、都道府県知事が指定した指定医に限られます。
東京都の指定医療機関、指定医の指定状況につきましては、東京都福祉保健局のホームページにてご確認いただけます。

申請書類

申請に必要な書類のうち、小児慢性特定疾病医療意見書は「小児慢性特定疾病情報センター」のホームページで公開しています。疾病により細かく分かれていますので、作成の際は指定医にご相談ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。疾患群別検索(小児慢性特定疾病情報センター)

医療意見書がダウンロードできます。
※成長ホルモン治療を行う場合は、疾病に対する意見書のほかに「成長ホルモン治療用医療意見書」が必要です。

医療受給者証の内容に変更がある場合/医療受給者証を紛失した場合

氏名や住所、健康保険、提出済みのマイナンバーなどに変更があった方、医療受給者証に記載されていない医療機関を受診する場合は変更の手続きが必要です。
変更内容によって申請に必要な書類が異なりますので、詳しくは申請窓口にお問い合わせください。
医療受給者証を紛失してしまった場合は、身元のわかる書類をお持ちになり、申請窓口へお越しください。

医療受給者証の更新

有効期限終了の約4ヶ月前に東京都から更新のご案内が送付されます。期限が切れる前に手続きを行ってください。
更新のご案内が届かなかった方は、保健所・各健康サポートセンターに必要な書類がありますのでご相談ください。
※医療意見書の作成については主治医(指定医)にご相談ください。

マイナンバーの取扱いについて

平成28年1月1日より「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」が施行され、小児慢性特定疾病医療費助成の手続きがマイナンバー収集の対象となりました。申請の際は「窓口で手続きする方の本人確認」と委任状の提出による委任の確認をさせていただきます。
詳しくは、以下のPDFをご覧ください。

医療費の助成方法

医療受給者証を健康保険証等と一緒に医療機関等の窓口に提示することで、医療費の助成が受けられます。

医療受給者証を使用せずに医療機関に医療費を支払った場合

医療費助成の有効期間内に医療受給者証を使用せずに医療機関等にかかった場合、月額自己負担額を超えて支払った医療費を指定の書類で東京都に請求することができます。

  • 各都道府県が指定する指定医療機関での診療分に限ります。
  • 健康保険から支給される高額療養費に該当する金額については、東京都から助成されません。
  • 請求してから指定口座入金まで2ヵ月程度かかります。

医療費支給申請書兼口座振替依頼書は申請窓口で配布しています。東京都のホームページからもダウンロードできます。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京都福祉保健局ホームページ「難病・小児慢性疾患受給者証、マル都医療券の使い方について」

申請窓口

江戸川保健所 保健予防課 庶務係

小岩健康サポートセンター

東部健康サポートセンター

清新町健康サポートセンター

葛西健康サポートセンター

鹿骨健康サポートセンター

小松川健康サポートセンター

なぎさ健康サポートセンター

関連制度のご案内

心身障害者福祉手当(難病要件)

小児慢性特定疾病の一部疾病で医療費助成が認定となった方を対象に、手当を支給する制度です。

自立支援医療(育成医療)

小児慢性特定疾病医療費助成は原則として内科的治療が助成対象です。外科的治療は育成医療をご覧ください。

小児慢性特定疾病児童日常生活用具給付事業

小児慢性特定疾病医療費助成制度の認定を受けた児童のうち、日常生活を営むのに著しく支障のある方に対し、日常生活用具を給付しています。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

問い合わせ先

このページは健康部(江戸川保健所) 保健予防課が担当しています。

本文ここまで


以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る