このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

B型・C型ウイルス肝炎治療医療費助成制度

更新日:2017年5月25日

対象者

東京都内に住所があり、東京都が指定する肝臓専門医療機関で「B型ウイルス肝炎」または「C型ウイルス肝炎」と診断され、医療費助成の対象となる治療を要する方で認定基準を満たす方。
※生活保護等で医療費が助成される方は本制度の対象外です。

助成内容

B型・C型肝炎のインターフェロン治療、C型肝炎のインターフェロンフリー治療、B型肝炎の核酸アナログ製剤治療にかかる保険診療の患者負担の合計額から患者の一部負担額を除いた額を助成します。(健康保険から支給される高額療養費等は助成額に含まない)

制度について

この制度は東京都の制度です。
制度案内、自己負担額等は東京都福祉保健局のホームページでご確認ください。
申請書と制度案内は江戸川保健所及び各健康サポートセンターでも配布しています。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京都福祉保健局ホームページ「B型・C型ウイルス肝炎治療医療費助成制度」

申請に必要な診断書のダウンロードもこちらです。

手続き方法

申請後、東京都から審査結果が通知されるまで2ヶ月程度かかります。有効期間は原則、申請した月の1日からです。

新規申請の必要書類

(1)B型・C型ウイルス肝炎治療医療費助成申請書
(2)B型・C型ウイルス肝炎治療医療費助成に係る診断書(肝臓専門医が記載、医師記載日から3ヶ月以内)
 ※治療開始前に申請する場合、診断書の医師記載日から3ヶ月先の月の1日まで助成開始日を先延ばしできます。
 ※診断書は東京都福祉保健局のホームページからダウンロードできます。
(3)住民票(世帯全員分、続柄記載、発行から3ヶ月以内のもの。)
(4)健康保険証のコピー
(5)高齢受給者証のコピー(お持ちの方のみ)
(6)住民票上の世帯全員の課税状況を証明する書類(満20歳未満の世帯員を除く。)
 ※下記のうちから世帯員ごとに1種類必要です。
 ・区市町村民税課税証明書/非課税証明書
 ・区市町村民税納税通知書のコピー
 ・区市町村民税決定通知書のコピー
 ・後期高齢者医療または高齢受給者の限度額適用・標準負担額減額認定証のコピー
 ・適用区分が「オ」の限度額適用認定証のコピー

「課税状況を証明する書類」の年度について
申請が4月〜6月の場合 申請日の「前年度」の課税証明等が必要
申請が7月〜3月の場合 申請日時点で「最新」の課税証明等が必要

※階層区分が自己負担額最高(2万円/月)となることを了承したうえで、「課税状況を証明する書類」の提出を省略することもできます。

<合算除外申請について>
住民票上の世帯で患者及びその配偶者と地方税法上及び医療保険上の扶養関係がなく、世帯の課税額合算対象からの除外を希望する方がいる場合(配偶者は除外できません)は、下記の書類を合わせて提出してください。
(7)世帯全員分の健康保険証のコピー
(8)区市町村民税額合算対象除外申請書

東京都外からの転入申請

(1)B型・C型ウイルス肝炎治療医療費助成申請書
(2)転出した道府県の受給者証のコピー(東京都に転入した日が有効期限内であるものに限る。)
(3)住民票(世帯全員分、続柄記載、発行から3ヶ月以内のもの。)
(4)健康保険証のコピー
(5)高齢受給者証のコピー(お持ちの方のみ)
●転入時に世帯構成が変わり、患者一部負担額を減額するための階層区分変更を行う場合、下記の書類も必要です。
(6)区市町村民税の課税状況を証明する書類(上記「新規申請の必要書類」(6)を参照)
●同一世帯で生計を別にしている方がいる場合、合算除外申請ができます。(上記<合算除外申請について>を参照)

申請した内容に変更がある場合/医療券を紛失した場合

氏名変更、東京都内での住所変更、健康保険証に変更があった場合は変更の手続きが必要です。
変更内容によって申請に必要な書類が異なりますので、詳しくは申請窓口にお問い合わせください。
医療券を紛失してしまった場合は、身元のわかる書類をお持ちになり、申請窓口へお越しください。

医療費の助成方法

医療券を健康保険証等と一緒に医療機関等の窓口に提示することで、医療費の助成が受けられます。
階層区分A、Dの方は、自己負担上限額管理票も提示します。

医療券を使用せずに医療機関に医療費を支払った場合

医療費助成の有効期間内に医療券を使用せずに医療機関等にかかった場合、助成対象となる医療費を自己負担したときは指定の書類で東京都に請求することができます。

  • 健康保険から支給される高額療養費に該当する金額については、東京都から助成されません。
  • 請求してから医療費等の入金までに2か月程度かかります。

医療費支給申請書兼口座振替依頼書は申請窓口で配布しています。東京都のホームページからもダウンロードできます。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京都福祉保健局ホームページ「医療費支給申請書兼口座振替依頼書(38用)」

申請窓口

江戸川保健所 保健予防課 庶務係

小岩健康サポートセンター

東部健康サポートセンター

清新町健康サポートセンター

葛西健康サポートセンター

鹿骨健康サポートセンター

小松川健康サポートセンター

なぎさ健康サポートセンター

B型肝炎・C型肝炎に関わる給付金制度

国の制度により、給付金を受け取ることができる場合があります。詳しくは下記リンクをご確認ください

B型・C型肝炎に関わる給付金制度

※東京都の「B型・C型ウイルス肝炎治療医療費助成制度」とは別の制度です。

問い合わせ先

このページは健康部(江戸川保健所) 保健予防課が担当しています。

本文ここまで


以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る