このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

骨髄等移植ドナー支援事業助成金制度

更新日:2017年4月1日

江戸川区では、提供者(ドナー)とドナーが勤務する事業者が受ける負担の軽減を通して、より多くの骨髄・末梢血幹細胞移植を実現させるために、助成金を交付します。

対象者

平成29年4月1日以降に骨髄・末梢血幹細胞の提供を行った方と、提供時にドナーが勤務していた事業所が対象です。

ドナーが骨髄・末梢血幹細胞の提供に要した入院期間及び通院期間の最終日から、1年以内に申請してください。これを過ぎた場合は受付できません。

ドナー(提供者)

骨髄・末梢血幹細胞を採取する時点で江戸川区内に住民登録があり、公益財団法人日本骨髄バンクが実施する骨髄バンク事業において骨髄・末梢血幹細胞の提供をした方。

事業者

骨髄・末梢血幹細胞を採取する時点でドナーが勤務している(国、地方公共団体、独立行政法人を除く)国内の事業者。
※ドナーが勤務する事業者が複数ある場合、ドナーが指定する事業者1箇所を交付対象とします。

助成金額

次に揚げる骨髄・末梢血幹細胞提供のための入院日数及び通院日数に応じて助成金を交付します。
※この助成金は税申告の対象になります。

1.健康診断のための通院
2.自己血貯血のための通院
3.骨髄・末梢血幹細胞の採取のための入院
4.その他「日本骨髄バンク」が証明する入院、通院および面接

ドナー(提供者)

1日につき2万円。(ただし、1回の提供につき14万円を限度とします。)

事業者

1日につき1万円。(ただし、1回の提供につき7万円を限度とします。)

申請方法

下記の書類を揃えて、江戸川保健所保健予防課の窓口に申請してください。
交付申請書は受付窓口でお配りしているほか、このページにてダウンロードできます。

ドナー(提供者)

2.申請時にドナーが江戸川区以外にお住まいの場合は、現住所及び骨髄等提供時の住所が確認できるもの
3.公益財団法人日本骨髄バンクが発行する証明書
(骨髄等提供のための通院又は入院の日数及び骨髄等の提供の完了が確認できること)

事業者

2.申請時にドナーが江戸川区以外にお住まいの場合は、ドナーの骨髄等提供時の住所が確認できるもの
3.ドナーに係る公益財団法人日本骨髄バンクが発行する証明書
(骨髄等提供のための通院又は入院の日数及び骨髄等の提供の完了が確認できること)
4.ドナーとの雇用関係を証明する書類(雇用証明書、在職証明書等)
5.骨髄等提供のために取得した休暇の取得年月日を証明する書類

申請時の本人確認について

申請時にドナーの本人確認を行います。ドナーの「氏名」・「住所または生年月日」の2項目が記載され、「官公署が発行した」証明書等の原本またはコピーを提示してください。(例:運転免許証、パスポート、健康保険証)

審査結果の通知

審査を行い、申請者に交付の可否を通知します。
交付決定通知が届いたときは、「助成金交付請求書」を江戸川保健所保健予防課の窓口に提出してください。
助成金をドナーまたは事業所の指定口座に振り込みます。

ドナー登録について

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。公益財団法人日本骨髄バンク

ドナー登録の際には、骨髄提供等の内容をよくご理解いただく必要があります。詳しくは「公益財団法人日本骨髄バンク」ホームページをご覧ください。
※保健所ではドナー登録ができませんのでご注意ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

問い合わせ先

このページは健康部(江戸川保健所) 保健予防課が担当しています。

本文ここまで


以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る