このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

肥満傾向にある30歳〜60歳代の男性

更新日:2017年3月1日

食事はバランスよく。夕食は控えめに。

男性は、特に30歳代から肥満が増えてきます。
主食、主菜、副菜を上手に組み合わせて。
どれかが欠けても、多すぎてもバランスが悪くなり、コマが倒れます。

油を使った料理は控えめに!

料理の選び方で、エネルギーはこれだけ違います。

1食分当たりのエネルギー・脂質

脂肪エネルギー比率(脂肪からのエネルギーが総エネルギーに占める割合)は1日当たり20から25%が適切です。

野菜をもっと食べましょう!副菜は5つ

野菜は不足しがちです。野菜の多い料理を積極的にとりましょう。

副菜:野菜、いも、豆類、きのこ、海藻などを主材料とした料理
(主に、ビタミン、ミネラル、食物繊維の供給源)
○外食では野菜が不足しがちになります。意識して野菜料理を一品加えましょう。

1食分に含まれる野菜の目安量

野菜炒め 2つ
野菜の煮しめ 2つ
野菜サラダ 1つ
青菜のお浸し 1つ
切り干し大根の煮物 1つ

野菜摂取のための料理選択の工夫

ラーメン(副菜:なし)を五目ラーメン(副菜:1つ)に変える
牛丼(副菜:なし)に青菜のお浸し(副菜:1つ)を加える
カレーライス(副菜:1つ)に野菜サラダ(副菜:1つ)を加える

○生野菜だけでなく、加熱した野菜も取り入れて。副菜は1日5つ程度。

調理法による野菜の量

調理法によってかさが減り、生重量よりも量を食べることができます。

例 キャベツは生よりもゆでたものを
  生野菜サラダをほうれん草のおひたしに

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

問い合わせ先

このページは健康部(江戸川保健所) 健康サービス課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

食事バランスガイド成人編

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る