このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

レジオネラ症について

更新日:2016年8月23日

近年、入浴施設を発生源とするレジオネラ症集団感染事例が、各地で発生しています。

レジオネラ症とは、レジオネラ属菌という細菌が感染することによって起こる病気です。レジオネラ肺炎を引き起こすと、急激に重症になって死に至る場合もあります。一般に、乳幼児や高齢者、病気にかかっている人など、抵抗力の弱くなっている人が感染しやすいといわれています。
レジオネラ属菌は、自然環境中では土壌や河川、湖沼などに広く生息しています。20度〜50度の比較的高温で繁殖しますので、身近なところでは、循環式浴槽水や冷却塔水などで、繁殖することがあります。
レジオネラ属菌を含んだ目に見えないような細かい水滴(エアロゾル)を吸い込んだり、菌を含んだ水が誤って気管に入ったりした時に、レジオネラ症に感染するおそれがあります。レジオネラ症は人から人へは感染しませんが、共通の感染源から複数の人が感染し、発症するという特徴があります。
循環式浴槽水や冷却塔水などで、レジオネラ属菌の付着や繁殖を防ぐためには、日常の衛生管理を確実に行うことが必要です。さらに、エアロゾルを発生させないような構造設備を考えていくことも大事なことです。

江戸川区では、区内の公衆浴場等について、レジオネラ属菌の検査を行うとともに、「公衆浴場の衛生管理基準」を指導徹底しています。

公衆浴場の衛生管理基準

レジオネラ症発生防止のために規定された維持管理基準と構造設備基準(江戸川区公衆浴場法施行条例 平成24年4月1日施行)

浴槽水の水質基準

  • 濁度は、5度以下とすること。
  • 過マンガン酸カリウム消費量は、1リットルあたり25ミリグラム以下とすること。
  • 大腸菌群数は、1ミリリットルあたり1個以下とすること。
  • レジオネラ属菌は、検出されないこと。

浴槽水の衛生管理の基準

  浴槽水は、1日1回以上換水すること。

ろ過機等を使用して浴槽水を循環させるとき

  • ろ過機は、週に1回以上逆洗浄等をし、消毒すること。
  • 配管は、週に1回以上消毒すること。
  • 浴槽水は、遊離残留塩素濃度を1リットルあたり0.4ミリグラム以上に保つこと。
  • 浴槽水の水質検査は、レジオネラ属菌について1年に1回以上実施すること。

構造設備

  • ろ材は、十分な逆洗浄が行えるものであること。
  • 循環させた浴槽水を、打たせ湯、シャワー等に再利用しない構造であること。
  • 浴槽水のオーバーフロー水を再利用しない構造であること。
  • 浴槽水の誤飲等による事故を防止するための措置を講ずること。

温水を貯留する貯湯槽を使用するとき

  • 内部を、1年に1回以上清掃・消毒を行うこと。
  • 内部の湯を、60度以上に保つこと。

その他

  • 貯湯槽、ろ過機等の点検・清掃の記録、水質検査結果等は3年間保存すること。
  • 施設ごとに管理者を設置すること。

レジオネラ関係リンク

公衆浴場・旅館業におけるレジオネラ対策のページ(東京都福祉保健局健康安全部環境衛生課)

レジオネラに関するQ&Aのページ(東京都健康安全研究センター)

旅館・公衆浴場等におけるレジオネラ症防止対策についてのぺージ(厚生労働省)

問い合わせ先

このページは健康部(江戸川保健所) 生活衛生課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

レジオネラ症について

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る