このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

都市防災不燃化促進事業

更新日:2017年4月1日

事業の内容

 この事業は、大地震による市街地火災の延焼防止と避難者の安全確保のため、古い木造住宅が密集し、道路が狭く、公園などの空地が少ない地域において、都市計画道路などの避難路を整備する際、その沿道30mの範囲で一定の高さ以上で耐火性のある建築物を建築した場合に区が建築費等の一部を助成する制度で、事業期間は10年間です。
 本区では、平成4年から環状7号線沿道地区、平成9年から補助第120号線南部地区(蔵前橋通りから京葉道路)において事業が行われました。
 今回、平成27年9月から補助第142・143号線地区(南小岩七・八丁目周辺地区)、補助第144号線地区(平井二丁目付近地区)が助成対象地区となりました。

                 
               

 (担当)都市開発部まちづくり推進課まちづくり第一係 電話:03-5662-6435(直通)

 (担当)都市開発部まちづくり推進課まちづくり第二係 電話:03-5662-6470(直通)

事業の目的

 地震発生などによる火災の延焼を防ぐ延焼遮断帯を形成し、あわせて地域の方々が安全に避難できるよう避難路の安全性を確保するために実施します。

不燃化促進区域の指定

 この事業を導入するために、区は避難路となる都市計画道路の沿道30mの範囲を「不燃化促進区域」に指定します。この区域内で建築物を建築する場合は、耐火または準耐火構造で高さ7m以上にする必要があります。このことにより、延焼遮断帯の形成と避難路の安全を確保します。
 30mの範囲は上記担当係に詳細図面がありますので、お問い合わせください。

細街路整備事業

 区内には、道路の幅が4m未満の狭あい道路が多く存在しています。そこで、住環境の向上や緊急車両の災害時の速やかな移動を図るうえで、幅員4m以上に拡幅整備する必要があります。この後退部分を建物の建替え時に、区が細街路整備事業として道路工事(又は工事費の助成)を行っています。この制度の活用もあわせてお願いします。
 詳しい内容等につきましては、下記までお問い合わせください。

                        ≪問合せ先≫
                          都市開発部建築指導課細街路係  電話:03-5662-0854

≪問合せ先≫
 補助第142・143号線地区(南小岩七・八丁目周辺地区)
  都市開発部まちづくり推進課まちづくり第一係  電話:03-5662-6435(直通)
 補助第144号線地区(平井二丁目付近地区)
  都市開発部まちづくり推進課まちづくり第二係  電話:03-5662-6470(直通)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

問い合わせ先

このページは都市開発部 まちづくり推進課が担当しています。

本文ここまで


以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る