このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

平成27年度第1回景観まちづくりワークショップ(平成27年8月1日開催)

更新日:2015年8月11日

日時

平成27年8月1日(土曜日) 午前10時〜午後12時

場所

グリーンパレス 集会室402

プログラム

1.開会
2.区からのお知らせ
  ・美し国づくり景観大賞受賞について
  ・景観まちづくり賞について(受賞・募集)
3.グループ活動について
4.テーマについてワークショップ
  ・テーマ:活動のコラボレーション実現に向けて
5.閉会  

活動報告

水辺の環境創造グループ

■カヤック体験・清掃活動
カヤック体験はリピーターが増えてきました。
9月は旧中川で、保育園のイベントとして共同で、幼児30名と父兄30名に保育園の先生方と一緒にカヤック体験を行う予定です。
また、AED講習を受けるなど、訓練も行っています。
今後の活動では、江戸川寄りの新川にゴミが多いため、そちらの清掃に力を入れていきます。

■中川左岸清掃活動
中川の清掃活動をしています。活動を始めた5年前と比べると、7割〜8割ゴミが減っています。改めて日頃から清掃し、きれいな水辺にしておくと、汚されないということが実証されたと思います。
現在、歴史的水防施設である、水塚(みづか)の発掘も始めています。

緑豊かなまちづくり活動

メンバーの持っていたホウセンカの種をメンバーで分けて育て、咲かせた花を街に置いてもらうことを目標に、活動を行っています。
3月にえどがわ環境財団で開催された講習会に参加するなど、花を育てる勉強もしてきました。
現在、東小岩小学校の校門や、区役所の第三庁舎入口などに置かせてもらいました。
今後は公的な場所だけでなく、いろいろな場所に広げ、花の種類も増やしていく予定です。

歴史の発掘・保全グループ

小学校で河原道についての講演を目標に、昨年に引き続き、子供たちにもわかりやすいパネルを制作中です。
合わせて、河原道にある道標の保全も行っていきたいと考えています。

徒歩の駅ネットワークグループ

現在、江戸川区内を分割し、「えどがわ百景探訪マップ」を制作していますが、一昨年の「小岩エリア」、昨年の「小松川・平井エリア」に続き、今回は「中央エリア」を制作中です。5月には、メンバーで中央エリアのまちあるきを行いました。当日は、実際に中央地域を歩いて、ルートの安全確認や、歴史的な資源を探しながら、マップのルートを組み立てていきました。
今後、更に内容等を練り上げ、良いマップを作っていきます。

えどがわのもりプロジェクト

課題は場所の確保ですが、現状では常設は難しいため、まずは短期でも借りられる場所を探し、その場所に応じて、出来る企画を考えていくことになりました。また、区内でプレイパークを運営している団体さんにもお話を聞くなど、運営方法等を研究していきます。

テーマ

活動のコラボレーション

前回の全体会で話し合った、活動のコラボレーションや今後の活動の実現に向けて、課題や方策について、更に具体的に話合いを行いました。
課題もありますが、グループの枠を超えて協力しながら、まちづくり活動を広げていきます。

・徒歩の駅ネットワークグループが制作中の「えどがわ百景探訪マップ(中央エリア)」に、「河原道」に関する記事と
 ルートを掲載する。(歴史の発掘保全×徒歩の駅ネットワーク)
・「徒歩の駅」や、「河原道」沿いに緑豊かなまちづくり活動グループで育てたプランターを設置。
 (緑豊かなまちづくり活動×歴史の発掘・保全×徒歩の駅ネットワーク)
・昔の水害防御施設である水塚の発掘・保全(水辺環境創造×歴史の発掘・保全×徒歩の駅ネットワーク)
・風雨にさらされている道標の保全(歴史の発掘・保全×徒歩の駅ネットワーク)

全体会の様子

問い合わせ先

このページは都市開発部 都市計画課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

景観まちづくりワークショップ

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る