このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

生ごみリサイクル方式別一覧

更新日:2012年8月24日

発泡スチロール箱

モニター使用器材

みかん箱またはりんご箱程度の大きさのもの2箱

処理能力 モニター平均

人数:平均3.2人
投入量:1日約600グラム
種類:野菜くず、生花、果物の皮 など(肉、魚、食べ残しは避ける)
堆肥になるまでの期間:夏 2か月、冬 3から4か月、できる堆肥量はスチロール箱で年5.4箱
その他:3週間から1か月で、箱が一杯になったら蓋をする。

設置場所

軒下やベランダ

経費

経費はかからない(スーパーなどから不用なスチロール箱、家の不用な植木鉢の土を使用)

特徴

手間、経費がかからず、誰にでもできる。
スペースをとらないので集合住宅にも適する。
堆肥が出来るまで時間がかかるので気の長い人向き。
基本は土のみで処理。
発酵促進のため米ぬかなども使用できる。

密閉容器バケツ

モニター使用器材

バケツ(11リットル)2個とガーデンバッグ(70リットル)1個

処理能力 モニター平均

人数:平均3.2人
投入量:1日500から600グラム
種類:生ごみの種類を選ばない
堆肥になるまでの期間:夏 1から2か月、冬 3から4か月、できる堆肥量はガーデンバッグで年1.7袋
その他:バケツは約2週間で一杯になる。

設置場所

バケツは台所やベランダ
ガーデンバッグはベランダや庭

経費

バケツ2個とガーデンバッグ1個で約10,000円
米ぬかや微生物資材は年間約7,000円

特徴

あまり手間がかからず、誰にでもできる。
置き場所を選ばず、スペースをとらないので集合住宅にも適する。
生ごみの分解が早いので、堆肥が早くできる。また、液肥も使用できる。

家庭用生ごみ処理機

モニター使用器材

処理機1台
処理能力1.2から2.0キログラム

処理能力 モニター平均

人数:平均4.0人
投入量:1日600から700グラム
種類:野菜くず、果物の皮、食べ残し など
堆肥になるまでの期間:分解終了まで、微生物分解型で3週間から1か月、消滅型は2日、乾燥型は3から4時間
その他:4人家族ぐらいがちょうどいい。

設置場所

直射日光や雨が当たらない軒下
電源が必要

経費

本体5万円から無限大
補充用チップ年間2,400から17,000円
最大消費電力65から690ワット

特徴

投入時に気をつければ、あとは手間がかからず分解される。
本体価格が高く、電気代や補充用チップなどの維持経費もかかる。
堆肥にするには2次処理が必要である。

コンポスト容器

モニター使用器材

地上式(130リットル)または地中式(170リットル)いずれか1基

処理能力 モニター平均

人数:平均3.1人
投入量:1日700から800グラム
種類:生ごみ、食べ残し、枯葉、枯草など
堆肥になるまでの期間:夏 2か月、冬 3から4か月

設置場所

庭など、土のある場所
(容器は130リットルで直径約70センチ)

経費

容器は8,500から12,000円程度
米ぬかや微生物資材は年間約7,000円

特徴

投入時の生ごみの水きりと、投入後は適度にかき回すこと以外、あまり手間がかからない。
容器一つで堆肥化まで完結する。
生ごみの量が多い世帯にも対応できる。

ミミズ箱

モニター使用器材

ミミズ箱1台
ミミズ600グラム

処理能力 モニター平均

人数:平均2.5人
投入量:1日約300グラム
種類:野菜くず、果物の皮 など(肉、魚、食べ残しは避ける)
堆肥になるまでの期間:ミミズふんは使用開始後、3か月ぐらいで取り出せる。液肥はすぐに使用できる。
その他:1日にミミズの重さの約2分の1の生ごみを処理できる。

設置場所

あまり直射日光や雨が当たらない場所

経費

ミミズ箱とミミズで約30,000円維持経費はなし

特徴

ミミズふんや液肥は良質な肥料になる。また、ミミズのふんには生ごみのにおいを取り除く働きがある。
ミミズが食べやすいように、薄く切る、細かく刻むなどの手間が少しかかる。
子どもの環境教育にも役立つ。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

問い合わせ先

このページは環境部 清掃課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る