このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

在宅医療廃棄物の出し方について

更新日:2017年10月6日

「在宅医療廃棄物」とは、次のようなものをいいます。

  • 医師・看護師等(以下、「医師等」という。)が訪問して行う「訪問診療、訪問看護等」により発生した 医療廃棄物
  • 医師等の訪問を伴わず医師の指導管理(注)に基づき患者等が自ら医療行為を行う「在宅療養」により発生した医療廃棄物

(注記)居宅において行われる入浴、排せつ、食事、その他の日常生活上の世話である介護は対象外です。

訪問診療、訪問看護等により発生した医療廃棄物

原則として医師等が持ち帰り、医療機関等が処理します。

在宅療養により発生した医療廃棄物

鋭利であるが安全な仕組みをもつもの

(ペン型自己注射針)
処方箋により調剤した薬局から交付された容器に入れて、当該薬局に持ち込んでください。

非鋭利なもの

(ビニールバック類、チューブ・カテーテル類、注射筒、脱脂綿、ガーゼ、薬の外箱など)

  • 「燃やすごみ」の収集日に出してください。
  • CAPDバッグなどについては、中の残存物を下水に流して適正に処理してください。
  • 脱脂綿等は、外から見えないように紙等に包んでください。
  • 紙おむつは、汚物を取りのぞいてください。

非鋭利なもの

(空きびんなど)
「燃やさないごみ」の収集日に出してください。

使用済み注射針の回収について

平成16年11月1日から家庭から排出されている在宅医療廃棄物のうち調剤薬局から医師の処方せんにより購入し、使用済みとなった注射針の回収が始まりました。使用済みの注射針は、区の収集に出さないようにお願いします。

回収場所

回収場所であることを示すステッカーが掲示してある薬局

回収方法

薬局で調剤した際に、使用済みの注射針を入れる回収容器をお渡しします。注射針を使用したら、回収容器に入れ、処方せんを調剤した薬局に持ち込んでください。回収した使用済みの注射針は、薬局が適正に処理します。

問合せ・その他

回収についての詳細は、江戸川区薬剤師会にお問い合わせください。
江戸川区薬剤師会 
電話:03-5607-1535(月曜から金曜日 午前10時から12時および午後1時から5時)
会員薬局についても江戸川区薬剤師会ホームページで検索できます

区内でステッカーのない薬局または区外の薬局で調剤した注射針は、調剤した薬局と相談してください。

問い合わせ先

このページは環境部 清掃課が担当しています。

本文ここまで


以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る