このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

銅造誕生釈迦仏立像

更新日:2014年9月17日

右手先よりの総高21.5センチメートル、頭頂よりの総高19.7センチメートル。釈迦牟尼の誕生を祝う灌仏会の主尊で、右手を挙げ、左手を垂下する上半身裸形が通例の姿です。肉付きの良い体つきと、ふくよかで幅広の面相、腰部の張った表現など平安時代の様式に通じますが、細部がやや単純化され、台座の細く立ち上がった仰蓮弁などからみて、鎌倉・南北朝時代にかかる14世紀の制作と考えられます。この像の身体つきや衣文の表し方は奈良東大寺の誕生仏(国宝)を手本にした作例といえます。
台座は別鋳で、当初の灌仏盤は失われ、後に新しく作られたものです。
灌仏会は、花祭りともいい、4月8日の釈迦の誕生を祝う行事です。釈迦誕生のとき、竜が天からやってきて香湯をそそいだという逸話に由来します。日本では、草花でかざった花御堂を作り、中に灌仏桶をおいて甘茶を入れ、中央に誕生仏を安置し、ひしゃくで甘茶をかけます。宗派にかかわらず、ひろく仏教寺院でおこなわれる行事で、花祭りという別名は、明治時代に浄土宗で採用したものといいます。

  • 江戸川区指定有形文化財・彫刻
  • 北小岩7丁目27番5号 正真寺
  • 平成20年3月27日 告示

問い合わせ先

このページは教育委員会事務局 教育推進課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

江戸川区指定文化財

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る