このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

木造如来立像

更新日:2014年9月17日

像高56.6センチの一木造の如来立像です。如来は悟りを開いた仏の姿をあらわしています。仏像の尊名を特定する決め手のひとつに印相があります。手や指の組み方です。与願印は衆生の願望するものを与えるという意味で、左手を下方にさげて指を伸ばした掌を正面に見せています。この如来像は、右手首より先が亡失していることと、左手の手首より先が後補ですので、尊名は特定できません。のう衣(体にまきつける一枚の布で如来に用いられる)は左肩から懸けてまとい、右肩に覆肩衣をまとい、右腹部でたるみをつけてから袖として垂らしています。
頭部から両袖、両足先や足ほぞにいたるまで一材から彫りだし、内刳りを施さない丸彫り像で、木心も後方にはずしています。像の表面は古色を呈しています。このように、平安時代の前期にみられる一木彫像の原点を示すような造りに本像の特色がありますが、量感を誇張しない穏やかな身体つきや、浅めに整えた衣文線の彫法に定朝様に通じる都ぶりがつたわります。一方で、後頭部の螺髪を省略したり、背面の衣文を簡素化した彫り口などには、平安後期の仏像が見せる簡明さ、のどかさをうかがうことができます。切りつけた螺髪の形やつくりが大きく引き締まった顔立ちなども合わせ見ると、制作は11世紀後半頃と思われ、区内に伝来するほぼ完形の像としては最古に属します。光背は後補で、蓮華座は他像のものを転用しています。

  • 江戸川区指定有形文化財・彫刻
  • 篠崎町3丁目5番15号 無量寺
  • 平成16年4月13日 告示

問い合わせ先

このページは教育委員会事務局 教育推進課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

江戸川区指定文化財

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る