このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

演劇舞踊傘

更新日:2014年9月17日

小岩の和傘づくりは、江戸時代、江戸青山の御家人が内職としていた和傘づくりの技術を取り入れ、この地の農家の副業にしたのがはじまりだといわれています。さかんになったのは明治になってからで、分業がすすみ、昭和初年に最盛期を迎えました。しかし、戦後の折りたたみ洋傘の普及で急激に需要が減り、多くは転廃業しました。現在は演劇舞踊の小道具としての和傘を作っていた薮田家だけがその技術を伝えています。

保持者 薮田 武
薮田さん(昭和2年生まれ)は、分業のすすんでいた和傘づくりを、材料の吟味から仕上げまで一貫しておこなっています。役者や舞踊家の個性に応じた傘を作り、演劇舞踊の伝統を陰から支えてきました(現在、休業中)。

  • 江戸川区指定無形文化財・工芸技術
  • 保持者 薮田 武
  • 南小岩7丁目
  • 昭和57年2月8日 告示

問い合わせ先

このページは教育委員会事務局 教育推進課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

江戸川区指定文化財

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る