このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

8面

更新日:2018年3月1日

CCBY ただし、画像データは除きます

3月10日(土曜日)から「江戸川区平和祈念展示室」開設

戦争の悲惨さと平和の大切さを次の世代に伝えていくため、東京大空襲、戦時下の暮らしに関する、区民の皆さんから寄託された資料など約150点を常設展示します。

時間:午前9時〜午後9時30分

問い合わせ

総務課総務係 電話:03-5662-6194

西武ドラフト1位の左腕 期待のルーキー誕生!!

輝石 スポーツの世界で夢に向かって挑戦する えどがわ原石

埼玉西武ライオンズ 齊藤 大将さん(清新町出身)

野球を楽しんだ幼少期 高校進学で徐々に思いが変化

 パシフィック・リーグ優勝奪還を目指す埼玉西武ライオンズから昨秋、ドラフト1位指名を受け入団した齊藤投手。左腕から繰り出す切れ味鋭い変化球や伸びのある直球は、即戦力として期待を集めている。
 齊藤投手が野球を始めたのは小学1年生の時である。
 「兄が所属する地元の学童軟式チームの練習について行っては、ボール遊びをよくしていました。小学生になって正式にチームに所属すると、ただただ野球が面白くて、中学校でも当たり前のように野球を続けていました」
 中学3年生の時、メキシコで行われた世界少年野球大会に出場。初めての海外での試合に苦労することもあったが、世界大会4位に貢献した。そして、野球の名門、桐蔭学園高校に進学し、野球漬けの日々を送る中で、次第に野球に対する自らの思いが固まっていったという。

大学でプロを意識 いよいよ公式戦迫る

 「プロを本格的に意識するようになったのは大学に入ってから」と語る齊藤投手。明治大学に進み、野球部主力選手として東京六大学野球で好成績を収めると同時に、日米大学野球選手権大会に2年連続出場。昨年のユニバーシアード競技大会でも優勝に貢献するなど、国内外を通じて、実績を積み上げてきた。
 「大学では、与えられた練習に加え、自分に足りない部分を見つけ克服するための練習をしなければ成長できないと感じました。この4年間で、自分の能力を理解した上で、限られた時間の中で何をすべきかを考える能力が身に付いたと思います」
 大学での進歩を糧にさらにステップアップ、いよいよプロとしてのキャリアをスタートさせた齊藤投手。2月からの春季キャンプ(宮崎県)でも確かな手応えをファンに披露した。
 オープン戦も始まり、3月30日には公式戦開幕。「強気の攻めが自分の持ち味」というプロ1年目、江戸川区生まれの齊藤投手の活躍を期待したい。

さいとう ひろまささん

1995年6月3日生まれ。投手。左投げ左打ち。身長178センチ、体重75キロ。清新ハンターズ(清新町)、城東ボーイズ(江東区)、桐蔭学園高校(神奈川県)、明治大学を経て、昨年ドラフト1位指名で埼玉西武ライオンズに入団。期待の左腕として注目を集めている。29年度江戸川区スポーツ栄誉賞受賞。

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る