このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

2・3面

更新日:2017年12月20日

CCBY 但し、画像データは除きます

全ての小学校に「特別支援教室」を設置して巡回指導を実施します

 現在、友達などとコミュニケーションがうまく図れないお子さんや授業時間に注意を集中し続けられないお子さんなどは、在籍校から「情緒障害等通級指導学級」が設置されている学校に通級して、個別の指導を受けています。
 区では、都の実施計画に基づき、一部の小学校における先行実施を経て、30年度から全ての小学校に「特別支援教室」を設置し、教員による巡回指導を実施します。
 このことにより、保護者の他校へ付き添う負担が軽減されるほか、在籍学級担任と巡回指導教員との情報共有や連携が深まり指導の充実が期待されます。
 保護者の皆さんのご理解とご協力をお願いします。

現在の通級指導学級の体制

「情緒障害等通級指導学級」設置校に児童が通級し、指導を受ける

在籍→通級→「情緒障害等通級指導学級」設置校←通級←在籍校

主な課題

  • 他校で指導を受けなければならないため、指導の成果や児童の成長について在籍学級担任と通級指導学級の担当教員が緊密に連携しにくい
  • 児童が他校に通級する時間帯は、在籍学級での授業が受けられない
  • 保護者の送迎が必要であり、通級指導を受けたくても受けられない児童がいる

今後の「特別支援教室」における巡回指導の体制

指導する教員が児童の在籍校に巡回して指導する

在籍校←巡回←指導教員の拠点校→巡回→在籍校

期待される効果

  • 全小学校に「特別支援教室」を設置するため、より多くの児童が指導を受けられるようになる
  • 在籍学級担任と巡回指導教員が連携して指導・支援する機会が充実する
  • 児童が他校に通級する必要がなくなるため、在籍学級での授業をより多く受けられる
  • 保護者の送迎が不要になる

問い合わせ

特別支援教室の指導内容について⇒指導室指導主事 電話:03-5662-1634
利用申請について⇒学務課相談係 電話:03-5662-1627

心身障害者福祉手当(難病要件)受給者の方へ

 12月31日(日曜日)をもって難病医療費助成制度の経過措置期間が満了となります。
 現在、心身障害者福祉手当(難病要件⇒月額1万2000円)を受給しており、30年1月1日以降、難病医療費助成が非認定となる方で身体障害者手帳3級または4級を所持している方については、心身障害者福祉手当(手帳要件⇒月額5000円)を申請できる場合があります。申請可否について詳しくは、お問い合わせください。
難病医療費助成が非認定となる方は、心身障害者福祉手当(難病要件⇒月額1万2000円)を受給することはできません。

問い合わせ

自立援助係 電話:03-5662-0062・FAX:03-3656-5874

児童虐待の未然防止と早期発見に向けた情報提供等に関する協定を締結しました

 12月4日、「児童虐待の未然防止と早期発見に向けた情報共有等に関する協定」を小松川・葛西・小岩警察署と締結しました。これにより、区と区内3警察署が、より緊密に連携して児童虐待対応に取り組むことができるようになりました。

問い合わせ

子ども家庭支援センター養育支援係 電話:03-6231-8170

篠崎文化プラザの催し 企画展示関連イベント 相撲落語「角士噺(りきしばやし)

 江戸川区出身の落語家が相撲にまつわる落語を披露します。

日時

平成30年1月8日(祝日)午後1時30分〜2時30分・午後3時〜4時

定員

各回60人(申込順)

出演

江戸川落語研究会・三崎家桜の輔、若木家元翁

場所・申込・問い合わせ

12月20日(水曜日)午後2時から電話で、篠崎文化プラザ 電話:03-3676-9071

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る