このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

健康大好き

更新日:2017年12月1日

CCBY ただし画像データは除きます。

  • 中央 電話:03-5661-2467
  • 小岩 電話:03-3658-3171
  • 東部 電話:03-3678-6441
  • 清新町 電話:03-3878-1221
  • 葛西 電話:03-3688-0154
  • 鹿骨 電話:03-3678-8711
  • 小松川 電話:03-3683-5531
  • なぎさ 電話:03-5675-2515

いのち見守り隊(ゲートキーパー)養成講座 大切な人をなくさないために 「死にたい」と言われた時に

 自殺のサインに気付くことや、関わり方のポイントを学びます。

日時

平成29年12月8日(金曜日)午後6時30分〜8時30分

場所

(直接)総合文化センター3階研修室

定員

200人(先着順)

講師

自殺予防団体・風のとびら代表・飯田佳子

問い合わせ

いのちの支援係 電話:03-5661-2478

認知症サポーター養成講座

日時

平成29年12月21日(木曜日)午前10時30分〜正午

場所

イオン葛西店4階イベントスペース(西葛西3丁目9番19号

定員

50人(申込順)

申込・問い合わせ

12月1日(金曜日)午前9時から電話で、介護保険課事業者調整係 電話:03-5662-0032

高次脳機能障害専門相談

日時

平成29年12月20日(水曜日)午前10時〜正午

対象

症状が思い当たる方とその家族

講師

三軒茶屋リハビリテーションクリニック院長・長谷川幹

場所・申込・問い合わせ

事前に電話で、地域活動支援センターはるえ野(春江町2丁目41番8号) 電話:03-5664-6070
月曜・木曜 午前10時45分〜午後7時、火曜・金曜・日曜 午前10時45分〜午後5時
毎週火曜にグループ訓練を実施

医療情報セミナー「LOH(男性更年期)症候群について 男性ホルモンとの関係」

日時

平成29年12月11日(月曜日)午後2時〜4時

場所

篠崎文化プラザ

定員

90人(申込順)

講師

江戸川病院泌尿器科主任部長兼透析センター長・古賀祥嗣ほか

後援

江戸川区ほか

主催・申込・問い合わせ

12月1日(金曜日)午前9時から電話またはFAX(記入例参照)で、
江戸川病院地域連携室 電話:0120-518-120・FAX:03-3657-0758

区民健康講座「抗生物質で効かない細菌とは?」

日時

平成29年12月16日(土曜日)午後1時30分〜2時30分

定員

150人(先着順)

講師

順天堂東京江東高齢者医療センター・高齢者総合診療科・金井美紀(よしのり)

後援

江戸川区

場所・主催・問い合わせ

(直接)順天堂東京江東高齢者医療センター(江東区新砂3丁目3番20号) 電話:03-5632-3111

12月1日は「世界エイズデー」です

 現在、日本では、分かっているだけで1日に約4人が新たにHIVに感染しています。HIV感染は、今や身近な問題です。自分のため、大切な人を守るため、HIV検査を受けましょう。

HIV検査のご案内(無料・匿名)

日時

毎月第1・3水曜日 午後2時〜3時30分
30年1月は第3水曜日、3月は第1水曜日のみ実施。

場所

(直接)江戸川保健所

内容

HIV即日検査
陰性の場合、結果が検査当日に分かります。

問い合わせ

感染症対策係 電話:03-5661-2475

都医療券(気管支ぜん息)の医療券をお持ちの皆さまへ 30年4月から一部自己負担が生じます

 東京都大気汚染医療費助成制度の改正に伴い、一部自己負担が生じます。対象は、生年月日が平成9年4月1日以前で、現在認定を受けて医療券を交付されている方です。30年4月1日以降の診療分から、認定された疾病に対する保険診療の窓口支払額のうち、月額6,000円までが自己負担となります。30年4月から使用できる「医療券」と「自己負担限度額管理票」は、2月末までに送付します。詳しくは、同封されている書類をご覧ください。

問い合わせ

  • がん予防・事業係 電話:03-5662-1414
  • 東京都福祉保健局環境保全衛生課 電話:03-5320-4492

30年度 江戸川区医師会 江戸川看護専門学校学生募集

 江戸川看護専門学校では、地域医療に貢献できる看護師を養成しています。最新の設備が整っている本校で看護師を目指しませんか。

願書受け付け

平成30年1月9日(火曜日)〜26日(金曜日)

試験日

平成30年2月3日(土曜日)

定員

40人
申し込み方法、試験内容など詳しくは、お問い合わせいただくか、江戸川看護専門学校ホームページをご覧ください。

申込・問い合わせ

江戸川看護専門学校 電話:03-5667-8338

医学メモ 白内障

 人の目はカメラのレンズに例えることができます。レンズは医学用語で水晶体と言い、健康な水晶体は透明で光を良く通します。そして、水晶体が濁ってしまうのが白内障です。カメラのレンズが曇っていると写真がぼやけてしまうのと同じように、水晶体が濁るとすりガラスのようになり、視力が低下し見えづらくなります。
 自覚症状としては、かすんで見える、まぶしくなる、明るい所でも見えにくい、物が二重に見えるなどが挙げられます。白内障の主な原因は加齢なので、誰でも年齢とともに水晶体が濁ってしまいます。年齢が80歳以上になると、ほぼ全ての人に白内障による視力の低下が認められます。
 その他、糖尿病などの全身の病気、アトピー性皮膚炎、薬の副作用やケガなどでも白内障になることがあります。日常生活に支障がないようなら、点眼薬で白内障の進行を遅らせます。しかし、点眼薬は進行を遅らせることはできますが、残念ながら水晶体の濁りを回復させることはできません。
 日常生活に支障が出るようになったら手術を行います。手術では濁った水晶体を取り除き、代わりに人工の眼内レンズを入れます。昨年に行われた白内障の手術は、全国で約110万件にのぼります。手術は怖いというイメージがあると思いますが、白内障の手術は日々進歩していますので、担当医師とよく相談して準備を進めると良いでしょう。目がかすむなどの症状が現れたら一度眼科を受診してみましょう。

江戸川区医師会

これまでの医学メモは、江戸川区医師会ホームページ(健康ワンポイントアドバイス)でご覧になれます。

TOKYO交通安全キャンペーン

 年末に多発する交通事故の防止、渋滞解消を目的に、都・区・警察が一体となって交通安全運動を実施します。

キャンペーン期間 12月1日(金曜日)〜7日(木曜日)
交通安全運動スローガン
「やさしさが 走るこの街 この道路」

キャンペーン重点項目

  • 子どもと高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止
  • 自転車の交通事故防止
  • 飲酒運転の根絶
  • 二輪車の交通事故防止
  • 違法駐車対策の推進

交通事故についてお悩みの方には、面接相談を行っています。

問い合わせ

交通安全推進係 電話:03-5662-1998

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る