このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

平成29年度 区政功労者表彰

更新日:2017年11月10日

CCBY ただし、画像データは除きます

長年の功績をたたえて

 「区政功労者表彰」は、長年にわたり区政に貢献し、区民の生活と文化の向上に尽くされた方の功績をたたえるものです。
 今年度は54名の方々が受賞され、10月27日、タワーホール船堀で表彰式を行いました。

問い合わせ

総務係 電話:03-5662-6194

写真 区政功労者のみなさん

受賞された方々(敬称略・順不同)

公共の職務に精励し、または地域の振興に功労顕著な方

間宮由美 松江2丁目
大塲幸一 西一之江2丁目
玉城 繁 東小岩6丁目
山崎幸男 興宮町 ※「山崎」の「崎」は、山かんむりに奇
岩尾 忠 船堀1丁目
子安建次 上篠崎3丁目
小泉 順 東葛西3丁目
大見 宏 西一之江2丁目
田中好子 北小岩8丁目
大塚總治郎 南小岩2丁目
丸木 尚 西瑞江4丁目
浅沼鈴子 平井3丁目
渡邉辰雄 春江町2丁目
田中孝之 東瑞江2丁目
石井正一 松江4丁目
向山 稔 松島3丁目
渡邉 潔 松江7丁目
後藤真一 東瑞江2丁目
関口 登 松島2丁目
宮澤喜久男 中央1丁目
野間 勇 船堀2丁目
田島 勝 鹿骨1丁目
石塚丈男 北小岩4丁目 ※「丈男」の「丈」は、に丈の右上に点
植草茂利 篠崎町1丁目
鈴木道夫 北小岩6丁目
須賀 治 西小岩2丁目
鈴木セツ子 南小岩3丁目
和田よし子 南小岩2丁目

教育の振興および文化の向上に貢献し、功労顕著な方

高橋 稔 春江町5丁目 ※「高橋」の「高」は、はしごだか
芦田光由 南篠崎町1丁目 ※「芦田」の「芦」は、離れたくさかんむり
島崎百華 西小松川町 ※「島崎」の「崎」は、右上が立つ
石田宗明 西小岩5丁目
石井麗子 南小岩3丁目
手嶋廣行 松島4丁目
松田光惠 江戸川1丁目
荻島景子 船堀7丁目

衛生・社会福祉その他公共の事業に尽力し、功労顕著な方

谷口 修 東瑞江1丁目
金子和司 東小松川2丁目
関根 直 北小岩6丁目
清水惠子 松江1丁目
下山榮子 中葛西3丁目
鈴木敬子 北小岩8丁目
並木勝利 船堀2丁目
山形佳代子 平井6丁目
菊地正子 鹿骨4丁目
柳内光子 東瑞江2丁目
相部啓一郎 東小岩1丁目
杉 啓以子 江戸川1丁目
佐伯玉枝 東小松川3丁目

産業を振興し、または実業に精励し、区勢の伸展に功労顕著な方

中沢佑二 南小岩8丁目
保土田守彦 東小松川2丁目 ※「保土田」の「土」は、土の右上に点
梅田 巖 市川市宮久保

その他公益に関し、功労顕著な方

上野 操 東葛西5丁目
高橋澄子 平井2丁目 ※「高橋」の「高」は、はしごだか

平成29年度江戸川区 文化功績賞

 11月3日、タワーホール船堀で、区民文化の向上に寄与された方を表彰する「江戸川区文化賞・文化功績賞・文化奨励賞表彰式」を行いました。(敬称略・順不同)
文化賞・文化奨励賞の該当者はありませんでした。

文化功績賞

 生活文化全般を対象とし、区民の文化活動の向上および発展に高い実績を挙げた方を表彰します。

東都葛西神楽保存会=民俗芸能(会長・岩楯美よ志)

昭和36年の結成以来「葛西の里神楽」の伝統を今に伝える活動を地道に続けられており、伝統文化の普及発展に長年にわたり尽力されています。

林 信弘=陶芸(東小岩)

小岩の土を使用した陶芸品「甲和焼(こうわやき)」を創り出されるとともに、陶芸の魅力と技術の伝承に長年にわたり尽力されています。

高橋榮一=染織(平井)

※「高橋」の「高」は、はしごだか
染織技術の伝承と新たな創作に取り組まれており、その卓越した技量を発揮して、伝統文化の普及発展に長年にわたり尽力されています。

問い合わせ

文化課推進係 電話:03-5662-0300

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

11月10日号

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る