このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

健康大好き

更新日:2017年11月1日

CCBY ただし、画像データは除きます

  • 中央 電話:03-5661-2467
  • 小岩 電話:03-3658-3171
  • 東部 電話:03-3678-6441
  • 清新町 電話:03-3878-1221
  • 葛西 電話:03-3688-0154
  • 鹿骨 電話:03-3678-8711
  • 小松川 電話:03-3683-5531
  • なぎさ 電話:03-5675-2515

視覚障害者向け講演会

日時

平成29年11月23日(祝日)午前10時〜11時15分

場所

(直接)松江コミュニティ会館

内容

「判例からみた視覚障害者の事故防止のための諸案件」

対象・定員

視覚障害者と家族100人(先着順)

講師

弁護士・大胡田誠

問い合わせ

障害者福祉課計画係 電話:03-5662-0044

講演会「子どもの発達特性を活(い)かした進路選択のために」

 子どもの特性を理解し、その子らしい進路選択をするために保護者ができることをお話します。

日時

平成29年12月3日(日曜日)午前10時〜11時30分

場所

グリーンパレス2階高砂・羽衣

対象・定員

小学5年〜中学生の保護者および関心のある方80人(申込順)

講師

臨床発達心理士・松村裕美

申込・問い合わせ

11月2日(木曜日)午前9時から電話で、発達相談室「なないろ」 電話:03-5662-7206

高次脳機能障害専門相談・家族相談会・講演会

 高次脳機能障害は、頭部のけがや脳卒中などにより、「新しいことが覚えられない」「感情のコントロールができない」など、日常生活が困難になる障害です。

(1)高次脳機能障害専門相談

日時

平成29年11月15日(水曜日)午前10時〜正午

(2)高次脳機能障害家族相談会「記憶障害について」

日時

平成29年11月18日(土曜日)午後1時〜3時

(3)高次脳機能障害普及啓発講演会〜高次脳機能障害×スポーツ 2020年東京オリンピック・パラリンピックを目指して

日時

平成29年12月9日(土曜日)午前10時30分〜12時30分

場所

(1)(2)地域活動支援センターはるえ野(春江町2丁目41番8号)
(3)タワーホール船堀2階瑞雲・平安

対象・定員

(1)(2)症状が思い当たる方やその家族(申込順)
(3)本人やその家族、関心のある方(先着順)

講師

(1)三軒茶屋リハビリテーションクリニック院長・長谷川幹
(3)元JRA騎手・常石勝義ほか

申込・問い合わせ

(1)(2)事前に電話で、(3)直接会場へ、
地域活動支援センターはるえ野 電話:03-5664-6070
月曜・木曜 午前10時45分〜午後7時、火曜・金曜・日曜 午前10時45分〜午後5時
毎週火曜にグループ訓練を実施。

医療情報セミナー「ロコモティブシンドロームと運動器の痛み いつまでも自分の足で歩くために」

日時

平成29年11月18日(土曜日)午後2時〜4時

場所

総合文化センター3階研修室

定員

204人(申込順)

講師

江戸川病院慶友人工関節センター長・泉田良一

後援

江戸川区ほか

主催・申込・問い合わせ

11月2日(木曜日)午前9時から電話またはFAX(記入例参照)で、
江戸川病院地域連携室 電話:0120-518-120・FAX:03-3657-0758

第35回江戸川医学会 区民のための特別講演会「最新のエビデンスに基づいた糖尿病治療Update」

日時

平成29年11月11日(土曜日)午後2時〜4時

場所

(直接)総合文化センター1階小ホール

定員

500人(先着順)

講師

東京医科大学糖尿病・代謝・内分泌内科主任教授・小田原雅人

後援

江戸川区

主催・問い合わせ

江戸川区医師会 電話:03-3652-3166

区民公開講座「呼吸器疾患当事者からの報告」

日時

平成29年11月16日(木曜日)午後1時30分〜2時30分

場所

(直接)タワーホール船堀407会議室

定員

15人(先着順)

後援

江戸川区

主催・問い合わせ

江戸川呼吸器療友会事務局・長谷川 電話:03-3652-9569

区民公開講座「女性の尿トラブル 頻尿、尿もれ、臓器脱」

日時

平成29年11月18日(土曜日)午後1時30分〜2時30分

定員

150人(先着順)

講師

泌尿器科医師・高澤直子

主催・場所・問い合わせ

(直接)順天堂東京江東高齢者医療センター(江東区新砂3丁目3番20号) 電話:03-5632-3111

神経難病相談

日時

平成29年12月7日(木曜日)午後1時30分〜3時30分

内容

専門医による診察・療養相談

対象・定員

パーキンソン病・脊髄小脳変性症などの神経難病やその疑い(しびれ、麻痺(まひ)、歩行・言語障害など)のある方5人(申込順)

場所・申込・問い合わせ

11月2日(木曜日)〜9日(木曜日)午前9時〜午後5時に電話で、
江戸川区医師会 電話:03-3652-3166(土曜・日曜・祝日を除く)

特別養護老人ホーム「春江町さくらの杜」の開設

開設予定

30年4月1日(予定)

所在地

春江町5丁目4番2号

定員

140人

併設

ショートステイ

入所申し込み受け付け相談会

日時・場所

日程(平成29年11月) 時間 会場(直接会場へ)
4日(土曜日) 午前9時30分〜11時30分 篠崎文化プラザ
19日(日曜日) 午前9時30分〜11時30分 タワーホール船堀401会議室
25日(土曜日) 午前9時〜11時 グリーンパレス集会室304

持ち物

介護保険被保険者証

問い合わせ

春江町さくらの杜準備室(一之江8丁目19番6号 彦新ビル407) 電話:03-5879-3260=午前9時〜午後5時

医学メモ トリアージとは何か?

 トリアージという言葉の意味を皆さんご存じでしょうか。フランス語でコーヒー豆などの選別を意味する「Trier」が語源といわれています。災害が起こり多数の受傷者が出た場合、医療資源よりも患者数が一気に多くなります。限られた資源の中で最大限の成果を出すため、患者の優先順位をつけ、治療優先度の高い人をまず治療対象とする考え方です。一方、瀕死の状態で救命が困難と判断される患者は、資源の有効活用のため治療対象にはなりません。もし、あなたが災害でひどいけがをしても、命の危険が無ければ治療は後回しになります。また、あなたの家族が瀕死の状態なら最優先で治療を受けられると思うかもしれませんが、災害時には治療対象とならないこともあります。
 殺到する患者を迅速に振り分けるところから始まるのが災害医療です。その選別、つまりトリアージはどのように行われるのでしょうか。トリアージには一次トリアージと二次トリアージがあります。一次トリアージは、呼吸、脈拍数などの生理的指標のみで迅速に患者を振り分けることです。二次トリアージは、時間と資源に余裕があるときに一次トリアージの精度をさらに上げ、治療優先順位を明確にすることです。
 災害訓練は各自治体で開催されています。皆さんも参加してみてはいかがでしょうか。

江戸川区医師会

これまでの医学メモは、江戸川区医師会ホームページ(健康ワンポイントアドバイス)でご覧になれます。

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る