このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

8面

更新日:2017年11月1日

CCBY ただし、画像データは除きます

羽田空港機能強化に関する説明会

 首都圏の国際競争力の強化や経済活性化などを目指して、国は羽田空港の発着便の増加を中心とする機能強化に向けた取り組みを進めています。
 それに関する内容や環境への影響などに配慮した方策、落下物対策などの検討状況について情報提供を行います。

オープンハウス型説明会

 会場内に説明用のパネルを展示します。
担当者に質疑応答もできます。直接会場へ。

日時

平成29年11月23日(祝日)午前11時〜午後4時

場所

タワーホール船堀1階展示ホール2

このほか、地域との意見交換会も開催する予定です。
開催日時などについては、今後の広報えどがわなどでお知らせします。

問い合わせ

  • 国土交通省「羽田空港のこれから」に関する電話窓口 電話:0570-001-160(IP電話からは03-5908-2420)
  • 環境推進課調査係 電話:03-5662-6745

11月の障害者スポーツイベント

知的障害児のためのわくわく運動広場

日時

平成29年11月3日(祝日)午前9時〜正午(雨天中止)

対象

知的障害のある中学生以下のお子さんと保護者(申込順)

持ち物

運動着

場所・申込・問い合わせ

電話または窓口で、水辺のスポーツガーデン 電話:03-5636-6550

ふれあいかけっこ教室

日時

平成29年11月3日(祝日)午前10時〜正午(小雨実施)

対象・定員

知的障害のある小学生以上の方20人(申込順)

持ち物

運動着

場所・申込・問い合わせ

電話で、陸上競技場 電話:03-3878-3388

知的障害児アイススケート教室

日時

平成29年11月11日(土曜日)午前10時〜11時30分

対象

知的障害のある小・中学生(先着順)

場所・問い合わせ

(直接)スポーツランド 電話:03-3677-1711

えどがわデュランタベースボール体験会

日時

平成29年11月20日(月曜日)午前10時〜正午(雨天中止)

定員

15人(申込順)

場所・申込・問い合わせ

電話または窓口で、区球場 電話:03-3878-3741

障害者ボッチャ交流大会

日時

平成29年11月23日(祝日)午後1時30時から

定員

10チーム(申込順)
1チーム3人。

費用

1チーム600円

場所・申込・問い合わせ

電話で、総合体育館 電話:03-3653-7441

パラリンピック1000日前イベント(公開授業)

11月29日 東京2020パラリンピック1000日カウントダウン記念イベントを開催します!

教えて!パラスポーツの見どころ(第3回)

世界トップレベルの選手が続々と江戸川区に 2020年注目のパラスポーツ パラバドミントン

切れのあるチェアワークや選手の躍動感が見どころ

 皆さんは、東京2020パラリンピック競技大会から正式種目となる競技をご存じだろうか。比較的アジアの国々が得意とする競技で、日本にもメダル獲得が期待される選手たちがいる。その競技はパラバドミントンである(その他には、パラテコンドーが正式種目となる)。今回はパラバドミントンの魅力について、日本障がい者バドミントン連盟の理事長である平野一美さんに話を伺った。
 「パラバドミントンは、車いすと立ってプレーする立位とがあり、計6クラスに分かれます。競技内容や楽しみ方もそれぞれ違うんです」。
 車いすを使うクラスは、シャトルの動きを読み判断する予見力や切れのあるチェアワーク、目にも留まらぬスピード感が魅力。一方、立位はクラスごとに見どころもさまざま。例えばSL3クラスでは、コートの半面を使っての試合なので、狭い分ラリーが続き、1試合に1時間以上かかることもある過酷さが特徴だ。また、SS6クラス(低身長)の選手は、小さな体でコート内を縦横無尽に走り回るのが特徴で、その躍動感がとても魅力的である。

写真 長島理選手

11月4日(土曜日)にスポーツセンターで開催される「第2回パラスポーツフェスタえどがわ」に参加予定の長島(おさむ)選手。/写真:2017 JPBF(A.Sayama)

本拠地が江戸川区に誕生 区民全員での盛り上げを

 日本では近年、世界ランキング1位の鈴木亜弥子選手(立位・SU5クラス)をはじめ、国際大会でトップを争う選手が育ってきた。現在、各クラスのシングルスでの世界ベスト10内には総勢12人が名を連ねる。江戸川区在住の長島理選手(車いす・WH1クラス)もその中の1人だ。
 環境面も急速に充実している。今夏、西葛西に日本障がい者バドミントン連盟の本部と練習場が完成した。ここでは、強化指定選手の練習のほか、世界の強豪選手を招いての合同練習も行われる。この練習場はスポンサー企業が自社の体育館を改修し、専用のバドミントンコート8面と、競技用車いすでも使用できるロッカールームやシャワー室などを整備したものである。
 こうした動きに、「恵まれた環境を得て、大きな波を感じています。江戸川区とのご縁もできたので、これからは地域の皆さんにも愛されるよう取り組んでいきたい」と平野さん。今後注目されるパラバドミントンを区民全員で盛り上げていきたい。

競技ルール

 パラバドミントンには、車いす(2クラス)と立位(4クラス)があり、障害の程度によりクラス分けされている。試合は、一般のバドミントンと同じ1ゲーム21点方式、2ゲーム先取で勝利となる。車いすと立位(SL3クラス)はコートの半分を使用しての試合となる。2020年の大会では男子7、女子6、男女混合1の計14種目での実施が決定した。

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る