このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

健康大好き

更新日:2017年9月1日

CCBY ただし、画像データは除きます。

  • 中央 電話:03-5661-2467
  • 小岩 電話:03-3658-3171
  • 東部 電話:03-3678-6441
  • 清新町 電話:03-3878-1221
  • 葛西 電話:03-3688-0154
  • 鹿骨 電話:03-3678-8711
  • 小松川 電話:03-3683-5531
  • なぎさ 電話:03-5675-2515

踏み出そう健康への第一歩「減塩大作戦!」 9月は健康増進普及月間です

 「塩分の()り過ぎは動脈硬化の入り口?」「どうしたら減塩ができるの?」などをテーマに、減塩の必要性や方法を、分かりやすくお伝えするイベントを開催します。

生活習慣病予防イベント

日時

平成29年9月13日(水曜日)午前10時〜午後3時

場所

(直接)イオン葛西店4階イベントスペース(西葛西3丁目9番19号

開始時間 内容
午前10時

生活習慣病予防講演会
講師:医師・深井園子

午前10時20分 減塩大作戦モデル地区活動紹介
午前10時50分 パネルディス力ッション
午後1時 各種体験&相談コーナー

生活習慣病予防展示

日時

平成29年9月25日(月曜日)〜29日(金曜日)午前9時〜午後4時
25日は午前11時から

場所

(直接)区役所正面玄関多目的スペース

内容

塩分摂取習慣チェック、血圧測定ほか

問い合わせ

葛西健康サポートセンター

高次脳機能障害の相談会

 高次脳機能障害は、頭部のけがや脳卒中などにより、「新しいことが覚えられない」「感情のコントロールができない」など、日常生活が困難になる障害です。

高次脳機能障害家族相談会

日時

平成29年9月16日(土曜日)午後1時〜3時

内容

失語症の基礎知識とコミュニケーションスキル

高次脳機能障害専門相談

日時

平成29年9月20日(水曜日)午前10時〜正午

講師

三軒茶屋リハビリテーションクリニック院長・長谷川幹

対象

症状が思い当たる方やその家族(申込順)

場所・申込・問い合わせ

事前に電話で、地域活動支援センターはるえ野(春江町2丁目41番8号) 電話:03-5664-6070
=月曜・木曜 午前10時45分〜午後7時、火曜・金曜・日曜 午前10時45分〜午後5時
毎週火曜にグループ訓練を実施。

区民公開講座「呼吸リハビリテーションの講義と実技」

日時

平成29年9月14日(木曜日)午後1時30分〜2時30分

場所

(直接)タワーホール船堀407会議室

定員

15人(先着順)

講師

理学療法士・呼吸療法認定士・森島愛弥子

後援

江戸川区

主催・問い合わせ

江戸川呼吸器療友会事務局・長谷川 電話:03-3652-9569

スキルアップ講座「子どもの緊急救命講習」

 子どもの事故を防ぐための知識と、心肺蘇生法やAED(自動体外式除細動器)の使い方を学びます。

日時

平成29年9月25日(月曜日)午前10時〜正午

場所

子ども家庭支援センター

定員

30人(申込順)
お子さんの同伴不可。

講師

江戸川消防署瑞江出張所

申込・問い合わせ

電話で受け付け中、ファミリー・サポート・センター 電話:03-6231-8470

区民健康講座「視界が狭い、まぶたが重いそれって眼瞼(がんけん)下垂では?」

日時

平成29年9月16日(土曜日)午後1時30分〜2時30分

定員

150人(先着順)

講師

順天堂東京江東高齢者医療センター・梅屋玲子

後援

江戸川区

主催・場所・問い合わせ

(直接)順天堂東京江東高齢者医療センター(江東区新砂3丁目3番20号) 電話:03-5632-3111

医療情報セミナー「LOH症候群と前立腺(がん)について」

日時

平成29年9月25日(月曜日)午後2時〜4時

場所

タワーホール船堀4階研修室

定員

84人(申込順)

講師

江戸川病院泌尿器科主任部長・古賀祥嗣ほか

後援

江戸川区ほか

申込・問い合わせ

9月1日(金曜日)午前9時から電話またはFAX(記入例参照)で、
江戸川病院地域連携室 電話:0120-518-120・FAX:03-3657-0758

市民講座「心と体の健康」

日時

平成29年10月3日(火曜日)午後2時〜5時30分

場所

(直接)タワーホール船堀5階小ホール

定員

100人(先着順)

講師

東北大学教授・大隅典子ほか

共催

地方再興・個別化医療支援

後援

江戸川区

主催・問い合わせ

情報計算化学生物学会 電話:03-6890-1087

医学メモ 大腸がんの治療について

 わが国では、大腸がんは女性のがんの死亡率の1位、男性では肺がん、胃がんに次いで3位を占め、さらに増えつつある病気です。治療は手術が中心となりますが、部位や進行度に応じて、内視鏡治療、放射線治療、抗がん剤治療などが組み合わされます。早期の大腸がんであれば、大腸内視鏡による切除で治療することが可能で、リンパ節や肝臓や肺など他の臓器に転移を起こしていない状態であれば、手術や内視鏡治療でがんを切除することで8割以上の方が完全に治ります。
 日本では、15年ほど前から大腸がんに対する腹(くう)鏡手術が導入されています。腹腔鏡手術は0.5〜1センチほどの小さな傷から鉗子(かんし)やカメラを挿入して行う手術で、従来のおなかを20センチほど切る開腹手術と比べて体への負担が少なく傷の痛みも軽度で、術後の回復も早くなっています。また、抗がん剤の進歩により、リンパ節や他の臓器に転移を起こした進行がんも、手術後の予後は徐々に改善しつつあります。しかし、完全に治癒するためには早期で発見することが何よりも肝心です。大腸がんは、腫瘍から出血して便に血が混じる、腫瘍が大きくなることで腸が詰まり、便秘を起こすなどして気付くことがありますが、症状が出た時点ではすでにかなり進行してしまっていることが少なくありません。現在、大腸がんに対する検診として、便潜血検査が行われています。積極的に検診を受診し、早期発見のチャンスを逃さないことが大切です。

江戸川区医師会

これまでの医学メモは、江戸川区医師会ホームページ(健康ワンポイントアドバイス)でご覧になれます。

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る