このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

健康大好き

更新日:2017年7月1日

CCBY ただし、画像は除きます

  • 中央 電話:03-5661-2467
  • 小岩 電話:03-3658-3171
  • 東部 電話:03-3678-6441
  • 清新町 電話:03-3878-1221
  • 葛西 電話:03-3688-0154
  • 鹿骨 電話:03-3678-8711
  • 小松川 電話:03-3683-5531
  • なぎさ 電話:03-5675-2515

区民公開講座「高齢者や呼吸器患者に対する栄養講座」

日時

平成29年7月13日(木曜日)午後1時30分〜2時30分

場所

(直接)タワーホール船堀407会議室

定員

15人(先着順)

後援

江戸川区

主催・問い合わせ

江戸川呼吸器療友会事務局・長谷川 電話:03-3652-9569

高次脳機能障害の相談会

 高次脳機能障害は、頭部のけがや脳卒中などにより、「新しいことが覚えられない」「感情のコントロールができない」など、日常生活が困難になる障害です。

高次脳機能障害家族相談会

日時

平成29年7月15日(土曜日)午後1時〜3時

内容

「高次脳機能障害家族会『江戸川つつじの会』について」

高次脳機能障害専門相談

日時

平成29年7月19日(水曜日)午前10時〜正午

講師

三軒茶屋リハビリテーションクリニック院長・長谷川幹

対象

症状が思い当たる方やその家族(申込順)

場所・申込・問い合わせ

事前に電話で、地域活動支援センターはるえ野(春江町2丁目41番8号) 電話:03-5664-6070
月曜・木曜 午前10時45分〜午後7時、火曜・金曜・日曜 午前10時45分〜午後5時
毎週火曜にグループ訓練を実施。

東京都子育て支援員研修(第2期)の受講生募集

 保育や子育て支援事業に従事するために必要な知識や技能などを有する「子育て支援員」の養成研修を行います。

対象

区内の保育施設などで働いている方(内定者または今後、子育て支援員として働く意欲のある方を含む)

申込・問い合わせ

受講申込書を7月28日(金曜日)までに郵送(必着・簡易書留)、
〒163-0719 (住所不要) 東京都福祉保健財団人材養成部福祉人材養成室
電話:03-3344-8533
研修内容、申込方法など詳しくは、東京都福祉保健財団または都ホームページをご覧ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。平成29年度東京都子育て支援員研修(第2期)の受講生を募集します!(東京都公式ホームページ)

家庭での食中毒を防ぎましょう

 食中毒はレストランなど飲食店での食事だけではなく、家庭内でも起きています。日頃の食品の取り扱いを見直して、家庭内での食中毒を防ぎましょう。

買い物

 肉・魚などの生鮮食品は、消費期限を確認し、食べ切る分量を考えて一番最後に買い、すぐに持ち帰る。

下準備

 調理の前には、手を丁寧に洗う。また、使用後の布巾・まな板などは、洗った後に消毒し乾燥させる。

食事

 食事の前に必ず手を洗う。食器は清潔なものを使用し、調理済みの食品は長時間放置しない。

家庭での保存

 温度管理が必要な食品は、すぐに冷蔵庫や冷凍庫に保管する。また、庫内には詰め込み過ぎない。

調理

 肉や魚は中心部まで十分に加熱する。また、出来上がった料理は長時間、室温に放置しない。

残った食品

 ふた付きの清潔な容器に移し、冷蔵庫などに保存する。保存後は十分加熱の上、できるだけ早めに食べる。

問い合わせ

生活衛生課 電話:03-3658-3177

医学メモ ロコモティブシンドロームを理解しよう

 ロコモティブシンドロームとは、骨、関節、筋肉などの運動器(自分の意志で動かすことができる身体(からだ)のパーツ)が衰えて歩行・移動機能が障害された状態のことで、悪化すると自立した生活ができなくなり、要介護・支援に陥ります。
 皆さんは健康寿命という言葉をご存じでしょうか。健康寿命とは元気で活動できる期間のことですが、平均寿命との較差は10年から13年といわれています。若いうちから、この較差をできるだけ短くするために身体を鍛えておこうという目的で、2007(平成19)年に「ロコモティブシンドローム」が提唱されました。
 具体的には、「階段を上る際に手すりが必要ですか?」とか、「家の中ですべったり転んだりしますか?」などという7 つの質問(ロコチェック)や、若い人に対してはロコモ度テストという3項目のテストで自分の運動能力を測り、衰えているようならスクワットや開眼片脚起立からなるロコモーショントレーニングなどの運動を行います。
 現在、日本は既に超高齢社会になっていますし、2025年から2035年にかけてそのピークを迎えることが確実視されています。自立できず介護が必要な人が増えてくれば、国家財政を圧迫する要因にもなります。第一、自分自身も老後に他人の世話にならない人生を送りたいことでしょう。そのためにはロコモティブシンドロームを理解し、予防に努めることが重要です。何といっても健康寿命あっての、幸福寿命なのですから。

江戸川区医師会

これまでの医学メモは、江戸川区医師会ホームページ(健康ワンポイントアドバイス)でご覧になれます。

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る