このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

予算特集号 地域の魅力を高める施策を幅広く展開 健全財政を礎に盤石な区政運営を推進

更新日:2017年4月1日

CCBY ただし画像データは除きます

 4月からの1年間に区が行う事業と、その経費を定めた29年度の予算が決まりました。新年度予算の内容について、特集で紹介します。
問い合わせ 財政課 電話:03-5662-6148


江戸川マラソン大会 将来世代を力強く支える取り組みを推進!

江戸川区の予算規模

区分  29年度当初予算 28年度当初予算 増減率
一般会計 2,403億3,164万円

2,308億7,206万8千円

4.1%

特別会計 国民健康保険事業 809億1,350万7千円

813億2,216万2千円

△0.5%

介護保険事業 396億7,399万6千円

390億9,850万6千円

1.5%
後期高齢者医療 119億350万円

112億6,390万2千円

5.7%
合計 3,728億2,264万3千円

3,625億5,663万8千円

2.8%

平成29年度 重点施策

子どもの成長支援

児童相談所の設計委託

待機児童対策をはじめとした子育て支援策の拡充

篠崎育成室の開設

福祉施策の充実

地域包括ケアシステム拠点「なごみの家鹿骨」開設

夜間・休日在宅療養相談

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて

カヌー競技の普及啓発・拠点整備

障害者スポーツの普及啓発

安全で災害に強いまちづくり

被災時における本庁舎代替機能の整備

JR小岩駅周辺地区まちづくり

葛西小学校・葛西中学校の改築(施設一体型)

区民と行政の協働による地域の絆で活力みなぎるまちづくりを実現

江戸川区長 多田 正見

 本区は、これまで徹底した行財政改革による体質強化を進めてきた結果として、全国トップレベルの健全財政を堅持しています。しかし、税制改正や景気の影響を受けやすい歳入構造、そして歳出においても、急速に進む高齢化社会への対策や、老朽化する公共施設への対応など取り組むべき課題は山積している状況です。
 これから、区民の皆さんの生活に深く関わるさまざまな課題を解決していくためには、時代の変化に適切に対応し、時期を逸することなく柔軟かつ効果的な施策を展開していくことが必要です。
 今年度は、直面する重要課題の中でも、特に子どもの成長支援や地域包括ケアシステムの強化などの施策に重点を置いた予算編成を行いました。さらに、安全で災害に強いまちづくりの整備や区内産業の活性化についても着実に進めてまいります。
 また、関心の高まる2020東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた準備を加速するために、地域の皆さんと協働し、さまざまな関連事業の実施を予定しています。本区ではカヌー・スラローム競技が行われますが、水上スポーツの拠点として、区独自のカヌー練習場の整備を進めるなど、世紀のイベントが最高の舞台となるよう、区全体で気運醸成に努めてまいります。
 区民の皆さんと共に、明るい未来へのレガシーを築いていくために、引き続き財源の効果的な活用と見直しを図りながら、将来世代に負担を先送りしない区政運営に全力で臨んでまいります。

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る