このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

2・3面

更新日:2017年4月1日

CCBY ただし画像データは除きます

区の組織の一部が変わります

 4月から、区の組織の一部を改正しました。主な内容をお知らせします。

総務部

区税の徴収について、現年度分から滞納繰越分まで切れ目のない一貫した対応を行うため、納税課納税係と徴収第一・第二係を、納税第一・第二・第三係に再編します。

都市開発部

密集住宅市街地整備促進事業の進捗に伴い、まちづくり推進課まちづくり第三係を廃止します。

福祉部

生活保護業務をより効率的に執行するため、生活援護第一課生活援護第六係を廃止するとともに、生活援護第三課に生活援護第六係を設置します。

子ども家庭部

児童相談所の開設に向けて、児童相談所開設準備担当課(開設準備担当係)を設置します。
私立保育所への巡回指導や研修などを充実し、保育の質の向上を図るため、子育て支援課に運営支援係を設置します。

健康部

妊娠期から子育て期にかけて育児不安を抱える家庭に対する相談や支援を充実させるため、健康サービス課に母子保健担当係を設置します。

問い合わせ

企画担当係 電話:03-5662-6045

地域に()かせる空き家を募集します

 区では、区内の空き家の公的な活用を考えています。公的活用可能な空き家を所有者に登録していただき、その物件を活用していきます。詳しくは、お問い合わせください。

空き家の公的活用の手順

  • 公的活用可能な空き家を所有者が登録
  • 所有者と、登録物件の活用を希望する区の各部署が、使い方などについて相談
  • 所有者と区が合意した物件を活用

問い合わせ

住宅課計画係 電話:03-5662-6387

マンションアドバイザー制度利用助成を始めます

 東京防災・建築まちづくりセンターが実施する「マンション管理アドバイザー制度」または「マンション建替え・改修アドバイザー制度」を利用する管理組合などに対して、派遣料の3分の2を助成します。
 必ず事前に申請が必要です。詳しくは、お問い合わせください。

問い合わせ

住宅課計画係 電話:03-5662-6387

「道路ふれあい月間」推進標語募集

 毎年8月は「道路ふれあい月間」です。そこで、道路の大切さや正しい利用、自転車走行マナーなどに関する標語を募集します。

申込・問い合わせ

ハガキまたは応募用紙(区役所各事務所で配布)に標語・住所・氏名・年齢(学年)・性別・電話番号を記入し、5月10日(水曜日)までに郵送(必着)またはFAXで、
〒132-8501 (住所不要) 施設管理課道路監察係
電話:03-5662-1884・FAX:03-3652-9858
優秀作品は表彰し、記念品を贈呈します

えどがわカヌー塾1期 参加者募集

 安全にカヌーに乗る技術を習得するための講習会です。

日時

平成29年5月13日(土曜日)・14日(日曜日)・21日(日曜日)、6月4日(日曜日)午後2時15分〜3時45分(全4回)
荒天中止。
6月4日のみ午後1時30分〜3時。

場所

新左近川親水公園(中左近橋東側桟橋)
6月4日のみスポーツセンターで実施。

内容

乗降、直進、ターン、ブレーキ、ロールなどの基礎的技術の練習

対象・定員

小学4年生以上の方20人(抽選)
過去にえどがわカヌー塾に参加した方は申し込み不可。

費用

1,000円

持ち物

ぬれてもよい服装・靴、タオル、ビニール袋

協力

江戸川区カヌー協会

主催・申込・問い合わせ

往復ハガキ(記入例参照)で4月14日(金曜日)までに郵送(必着)または持参、
〒132-8501 (住所不要) スポーツ振興課事業調整係(区役所3階10番)
電話:03-5662-0664

一之江境川親水公園 自然ガイドツアー 春編

 身近な自然環境の再発見と知識を学びます。

日時

平成29年4月22日(土曜日)午前9時〜正午

場所

一之江境川親水公園
午前8時50分までに松江コミュニティ会館集合。

対象・定員

小学生以上の方20人(申込順)

講師

プロ・ナチュラリスト・佐々木洋

持ち物

筆記用具

申込・問い合わせ

4月3日(月曜日)午前9時から電話で、えどがわ環境財団事業係 電話:03-5662-5542

江戸川総合人生大学公開授業

「老い支度」

 自己点検ノートを基に、自らの老後について考えます。

日時

平成29年4月25日(火曜日)午後2時〜4時

講師

長寿社会開発センター審議役・石黒秀喜

「地域デビュー・私の場合 地域の居場所づくり」

 地域の居場所づくりを一緒に考えます。

日時

平成29年5月9日(火曜日)午後2時〜4時

講師

支え合いのしくみづくりアドバイザー・河田珪子

場所

篠崎文化プラザ

定員

50人(申込順)

申込・問い合わせ

4月3日(月曜日)午前9時から電話で、江戸川総合人生大学 電話:03-3676-9075

「2017えどがわボランティアフェスティバル」イメージ画募集

 「ありがとうと言われた思い出」や「思いやり」「してもらってうれしかったこと」「してあげて喜ばれたこと」などを思い浮かべて、「ボランティア」の絵を描いてみませんか。最優秀作品は、7月9日(日曜日)にタワーホール船堀で開催する「えどがわボランティアフェスティバル」PR用ポスターに採用します。また、応募作品は全て、当日会場に掲示します。
共同作成での参加も可。

応募規格

八つ切り画用紙(39.2センチ×27.1センチ)に横書き

申込・問い合わせ

5月6日(土曜日)までに作品を郵送(必着)または持参、
〒132-0031
江戸川区松島1丁目38番1号 グリーンパレス1階 えどがわボランティアセンター
電話:03-5662-7671

春の全国交通安全運動

4月6日(木曜日)〜15日(土曜日) 交通ルールとマナーを守り、交通事故をなくしましょう

交通事故の状況

 昨年、区内の交通事故発生件数は1,189件で前年と比べ47件減少しましたが、交通事故死亡者数は6人(若年層1人、成人3人、熟年者2人)で前年より4人減少しています。また、交通事故の45パーセントに熟年者が、41パーセントに自転車が関わっています。

事故防止のための取り組み

 「子どもと高齢者の交通事故防止(高齢運転者の事故防止を含む)」を基本に、

  • (1)歩行中・自転車乗用中の交通事故防止(自転車については、自転車安全利用五則の周知徹底)
  • (2)後部座席を含めた全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
  • (3)飲酒運転の根絶
  • (4)二輪車の交通事故防止を重点に推進します。

 4月10日(月曜日)は「交通事故死ゼロを目指す日」です。みんなで交通安全を心掛けましょう。

「やさしさが 走るこの街 この道路」

問い合わせ

交通安全推進係 電話:03-5662-1998

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで


以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る