このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

健康大好き

更新日:2016年10月1日

CCBY ただし、画像データは除きます

  • 中央 電話:03-5661-2467
  • 小岩 電話:03-3658-3171
  • 東部 電話:03-3678-6441
  • 清新町 電話:03-3878-1221
  • 葛西 電話:03-3688-0154
  • 鹿骨 電話:03-3678-8711
  • 小松川 電話:03-3683-5531
  • なぎさ 電話:03-5675-2515

メディカルフェスティバル

 学内にある本物の医療機器を使っての職業体験やレクチャーを通じて、医療や健康について楽しく学べるイベントです。歯科医師による健康相談コーナーも併設します。

日時

平成28年10月23日(日曜日)午前10時〜午後4時(受け付けは午後3時まで)

後援

江戸川区

主催・場所・問い合わせ

(直接)東京医薬専門学校(東葛西6丁目5番12号) 電話:0120-061-610

神経難病相談

日時

平成28年11月10日(木曜日)午後1時30分〜3時30分

内容

専門医による診察・療養相談

対象・定員

パーキンソン病・脊髄小脳変性症などの神経難病やその疑い(しびれ、麻痺(まひ)、歩行・言語障害など)のある方5人(申込順)

場所・申込・問い合わせ

10月3日(月曜日)〜7日(金曜日)午前9時〜午後5時に電話で、
江戸川区医師会 電話:03-3652-3166

医療情報セミナー「泌尿器科はどんな相談をするところ? 男性も女性もみんなが対象」

日時

平成28年10月8日(土曜日)午後2時〜4時

場所

高砂地区センター(葛飾区高砂3丁目1番39号)

定員

90人(申込順)

講師

江戸川病院泌尿器科医長・坂本昇

後援

江戸川区

主催・申込・問い合わせ

10月1日(土曜日)午前8時から電話で、江戸川病院地域連携室 電話:0120-518-120

区民健康講座「骨盤臓器脱について」

日時

平成28年10月15日(土曜日)午後1時30分〜2時30分

定員

150人(先着順)

講師

順天堂東京江東高齢者医療センター婦人科・坂本愛子

後援

江戸川区

主催・場所・問い合わせ

(直接)順天堂東京江東高齢者医療センター(江東区新砂3丁目3番20号) 電話:03-5632-3111

「熟年介護サポーター」を募集します

 区内の介護施設や介護事業所、熟年相談室で利用者などを支援する「熟年介護サポーター」を募集します。サポーターとして活動すると、活動時間に応じてポイント(1時間=1ポイント・100円)が付与されます。年間60ポイントが上限です。

対象・定員

区内在住の65歳以上で、要介護認定を受けていない方80人(申込順)
サポーターとして活動するためには、10月12日(水曜日)午前9時30分〜正午にグリーンパレス5階孔雀で行う研修会への参加が必要。

申込・問い合わせ

10月3日(月曜日)午前9時から電話で、介護保険課事業者調整係 電話:03-5662-0032

今年度64歳になる方へ 地域情報誌をお送りします

 地域により関心を持っていただくため、区内のさまざまな情報を掲載した情報誌「OZ magazine NEXTAGE」を作成し、10月4日(火曜日)から順次送付します。お手元に置いてご活用ください。
10月7日(金曜日)から区内書店などでも販売予定(費用:680円(税込み))。

問い合わせ

生きがい係 電話:03-5662-0039

熟年世帯向け「SOSシート」を配布しています

 65歳以上の熟年者のみの世帯や日中一人で過ごしている65歳以上の熟年者の方が救急車を呼んだ際に、搬送される方の情報などが救急隊員にすぐに伝わることを目的としたシートです。

配布場所

各熟年相談室(地域包括支援センター)

持ち物

介護保険被保険者証など、住所・氏名・年齢の確認ができるもの

問い合わせ

介護保険課事業者調整係 電話:03-5662-0032

医学メモ B型肝炎ワクチンの定期接種

 肝臓は、活動のもととなるエネルギーを生成・貯蔵し、老廃物を分解・排除する働きをするため、「体の化学工場」と呼ばれています。この働きがウイルスによって障害を受けるのがウイルス性肝炎で、Α型からE型の5 種類が知られています。
 Β型肝炎は、Β型肝炎ウイルスの感染によって発症します。主な感染経路は、感染している人の血液や体液です。症状は、全身倦怠(けんたい)感、食欲不振、吐き気、嘔吐(おうと)黄疸(おうだん)などです。軽い人は自然に治癒しますが、重症の劇症肝炎では意識障害を起こして死亡することもあります。
 また、感染後にウイルスが排除されず、体内にウイルスを持ったままの人を「キャリア」と呼びます。キャリアは周囲への感染源となり、自身が慢性肝炎から肝硬変、肝臓がんへと進行することがあるばかりでなく、女性だと出産時に赤ちゃんに産道感染させてしまいます。3歳以下の子どもが感染すると、免疫力が未熟なためキャリア化しやすく、特に注意が必要です。
 肝炎から身を守るため、またキャリア化して感染を広げないため、28年4月以降に生まれた赤ちゃんを対象に、10月からΒ型肝炎ワクチンの定期接種が始まります。このワクチンは世界180カ国以上で接種されており、安全性も有効性も高く、接種後に局所の腫れや痛み、かゆみ、発熱、倦怠感などを認めることがありますが軽微で、小さい時に3回接種すると、発症の予防効果は成人まで続きます。海外から新しい遺伝子型のΒ型肝炎も増えていますので、ぜひ、予防接種をお願いします。

江戸川区医師会

これまでの医学メモは、江戸川区医師会ホームページ(健康ワンポイントアドバイス)でご覧になれます。

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る