このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

健康大好き

更新日:2016年9月1日

CCBY ただし、画像データは除きます。

  • 中央 電話:03-5661-2467
  • 小岩 電話:03-3658-3171
  • 東部 電話:03-3678-6441
  • 清新町 電話:03-3878-1221
  • 葛西 電話:03-3688-0154
  • 鹿骨 電話:03-3678-8711
  • 小松川 電話:03-3683-5531
  • なぎさ 電話:03-5675-2515

ぜん息・呼吸器アレルギー相談

 ぜん息などの呼吸器疾患のある区内在住の方は、申し込みにより相談ができます。

対象・日時

  • 高校生相当以上の方⇒毎週木曜 午後4時〜4時30分
  • 中学生以下⇒毎週月曜 午後2時〜4時

場所

東京臨海病院

内容

専門医による相談

申込・問い合わせ

電話で、がん予防・事業係 電話:03-5662-1414

火曜カルチャー 「みんなで楽しく介護予防!認知症予防!」

日程・内容

  • 平成28年9月6日(火曜日)⇒「写経とストレッチ」
  • 平成28年9月13日(火曜日)・27日(火曜日)⇒「ロコモ体操(転倒予防)」
  • 平成28年9月20日(火曜日)⇒「うたごえ喫茶」(全4回)

時間

午前10時30分〜正午

場所

コミュニティカフェ虹の空(南葛西6丁目13番12号)

定員

15人(申込順)

費用

各回400円

申込・問い合わせ

9月1日(木曜日)午前9時から電話で、なぎさ虹の会 電話:050-3802-2817

高次脳機能障害の相談会

 高次脳機能障害は、頭部のけがや脳卒中などにより、「新しいことが覚えられない」「感情のコントロールができない」など、日常生活が困難になる障害です。

高次脳機能障害家族相談会「失語症について」

日時

平成28年9月10日(土曜日)午後1時〜3時

講師

和音理事・小谷朋子

高次脳機能障害専門相談

日時

平成28年9月21日(水曜日)午前10時〜正午

講師

三軒茶屋リハビリテーションクリニック院長・長谷川幹

対象

症状が思い当たる方やその家族(申込順)

場所・申込・問い合わせ

事前に電話で、地域活動支援センターはるえ野(春江町2丁目41番8号) 電話:03-5664-6070
=月曜・木曜 午前10時45分〜午後7時、火曜・金曜・日曜 午前10時45分〜午後5時
毎週火曜にグループ訓練を実施。

介護ブラッシュアップセミナー

 介護資格をお持ちの方の再就職を支援するための研修です。

日時

平成28年9月29日(木曜日)・30日(金曜日)午前9時30分〜午後3時30分、10月1日(土曜日)午前9時30分〜午後2時(全3回)

場所

東京福祉専門学校(西葛西5丁目10番32号)

内容

講義、実習、就職支援ほか

対象・定員

現在、介護業務に従事していない介護福祉士、看護師、訪問介護員1・2級研修または介護職員初任者研修修了者など20人(申込順)

申込・問い合わせ

9月2日(金曜日)午前9時から電話で、介護保険課事業者調整係 電話:03-5662-0032

区民公開講座「肺の病気のお話し、COPD・肺炎・間質性肺炎」

日時

平成28年9月15日(木曜日)午後1時30分〜2時30分

場所

(直接)タワーホール船堀407会議室

定員

15人(先着順)

講師

呼吸器内科専門医・持丸博

後援

江戸川区

主催・問い合わせ

江戸川呼吸器療友会事務局・長谷川 電話:03-3652-9569

東京臨海病院区民公開講演会「肺がん」は治る

日時

平成28年10月15日(土曜日)午後1時15分〜3時50分

場所

タワーホール船堀5階小ホール

定員

250人(申込順)

後援

江戸川区

主催・申込・問い合わせ

電話またはFAX(記入例参照)で、
東京臨海病院 電話:03-5605-8811・FAX:03-5605-7586

医学メモ 関節リウマチ

 関節リウマチは、手や足の関節に炎症が起こり、徐々に関節が破壊され変形が起こってくる病気です。関節リウマチが生じるのは30〜40歳代の女性が多いですが、15歳以下や高齢者でも起こります。
 風邪にかかった時にその原因を排除するため、体の防御機構がウイルスを攻撃しますが、関節リウマチはその防御機構である『免疫』が異常に働き、自分自身の関節を攻撃してしまう病気です。残念ながら根本的な原因は分かっていませんが、症状を起こす物質はここ10数年で少しずつ解明されています。
 それに伴い、治療方法も少しずつ変わってきました。『リウマトレックス』という薬が1999年に発売されるまでは、痛みを止めるのも大変で、関節が変形していくのはリウマチの自然の流れと考えられてきました。ところがその薬を使うようになってから痛みを止めることが可能となり、さらに関節破壊も抑えることが出来るようになってきたため、病気の無い人と同様の生活を送れるようになりました。また約10年前に初めての『生物学的製剤』が発売され、リウマトレックスでも炎症を抑えられなかった方に効果があり、多くのリウマチ患者さんに笑顔をもたらしました。現在は生物学的製剤も7剤に増え、治療選択肢が増えたため、治療が効かない人はほとんどいなくなってきました。今後は関節リウマチの根本的な原因の解明が期待されています。

江戸川区医師会

これまでの医学メモは、江戸川区医師会ホームページ(健康ワンポイントアドバイス)でご覧になれます。

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る