このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

安全 安心 防災まちづくり 江戸川区におけるまちづくりの取り組み

更新日:2016年8月20日

CCBY ただし、画像は除きます

 4月に発生した平成28年熊本地震では、最大震度7 の大きな揺れを2 回も観測し、熊本県と大分県を中心とした各地で家屋などに甚大な被害をもたらしました。
 今後30年の間に70パーセントの確率で発生するといわれている首都直下地震では、震度6強〜7の地震による倒壊家屋および火災により焼失する建物は区内で約2万3,000棟に上ると想定されています。また、洪水や高潮など、同時発生する複合災害も考慮したまちづくりが必要になります。今回の特集では、安全・安心まちづくりに向けた区の取り組みや支援を紹介します。
問い合わせ
都市計画課調整係 電話:03-5662-6368

狭い道路の拡幅・防災機能を備えた公園の整備

密集住宅市街地整備促進事業

写真 南小岩七・八丁目地区

写真 松島三丁目地区

 密集地域では、ひとたび大きな地震が起きると建物倒壊や火災が発生し、多くの人々が住居を失う危険性があります。狭い道路を拡げ、防災機能を備えた公園をつくることにより、避難路の確保や緊急車両の進入、早期の復旧・復興につなげます。
詳しくは、区ホームページ「密集住宅市街地整備促進事業」をご覧ください。

古い木造建物の取り壊し・建て替え促進

不燃化推進特定整備事業

写真 南小岩七・八丁目周辺地区

写真 松島三丁目地区

 「不燃化推進特定整備事業」では、特に防災性に課題のある区内4地区を指定し、古い建物の取り壊し費用や、燃えにくい建物へ建て替える場合の設計費などの一部を助成することで、「燃えない・燃え広がらないまち」を目指しています。
詳しくは、区ホームページ「不燃化推進特定整備事業」をご覧ください。

問い合わせ

まちづくり推進課事業調整係 電話:03-5662-0895

壊れない堤防整備

洪水・高潮・津波からまちを守る

 陸地面積の約7割が「ゼロメートル地帯」である本区にとって、堤防は生命線ともいえる重要な施設です。戦後の巨大台風による被災経験から、これまで堤防のかさ上げや防潮堤整備などの治水事業を行ってきました。
 東日本大震災や首都直下地震の被害想定などを踏まえ、スーパー堤防整備や堤防・水門などの耐震対策をより一層推進していく必要があります。
 今後も国や都と連携を図り、壊れない堤防・水門整備を実施していきます。

問い合わせ

計画調整課計画係 電話:03-5662-8389

ライフラインの耐震対策

 地震などの災害時に、被害を最小限に抑え、ライフラインとしての機能を確保するために、水道・下水道などの耐震化を進めています。
 区では、平成25年度から液状化に伴う下水道マンホール浮上抑制対策にも積極的に取り組んでいます。これまでに約1,300カ所の対策を行っており、29年度に完了する見込みです。

問い合わせ

計画調整課調整係 電話:03-5662-1885

マンホールの浮上抑制対策 下水道管とマンホールの接続部の耐震化 都下水道局 経営計画2016より抜粋。

公園・緑地などの防災空間の拡充

 公園や緑地は、震災・水害時の避難場所や復旧・復興拠点になります。区では、「みどりのオープンスペース」の拡充・高台化を推進していきます。
 さらに、かまどベンチや災害時対応トイレの設置など、防災施設の充実を図ります。

問い合わせ

計画調整課調整係 電話:03-5662-1885

かまどベンチ

道路・橋(りょう)整備

安全なネットワーク

 大地震や水害などの災害が発生した際に、安全な避難や復旧活動を支えるのが橋梁を含めた道路ネットワークです。区では、都市計画道路の整備や橋梁の耐震対策、長寿命化修繕、架け替え事業を計画的に進めています。
 今年度から、老朽化した松本橋の架け替えに着手し、平成33年度の完成を目指します。

問い合わせ

計画調整課計画係 電話:03-5662-8389

建築物の応急危険度判定

 平成28年熊本地震では、住宅や建築物が大きな被害を受けました。地震発生後の住宅や建築物は、一見被害がないようでも、その後の余震で倒壊する恐れがあります。また、ガラスの破片や崩れた部材などの落下物や、ブロック塀倒壊の危険もあります。

 このため、人命に関わる二次的災害を防止することを目的として「被災建築物応急危険度判定」を行い、判定結果ステッカーを建物に貼って表示します。
 なお、この調査は、建物の「全壊」「半壊」といった、災害による被害の程度を証明する罹災証明書発行のための調査とは異なるものです。
 区では、4月下旬に職員を2名、「応急危険度判定員」として熊本県へ派遣し、現地での判定業務を行いました。
 現在では、全国の自治体との連携により、相互に支援要請ができる体制となっています。

問い合わせ

建築指導課調査係 電話:03-5662-1104

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

8月20日号

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る