このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

健康大好き

更新日:2016年6月1日

CCBY ただし、画像は除きます

  • 中央 電話:03-5661-2467
  • 小岩 電話:03-3658-3171
  • 東部 電話:03-3678-6441
  • 清新町 電話:03-3878-1221
  • 葛西 電話:03-3688-0154
  • 鹿骨 電話:03-3678-8711
  • 小松川 電話:03-3683-5531
  • なぎさ 電話:03-5675-2515

神経難病相談

日時

平成28年7月7日(木曜日)午後1時30分〜3時30分

内容

専門医による診察・療養相談

対象・定員

パーキンソン病・脊髄小脳変性症などの神経難病やその疑い(しびれ、麻痺(まひ)、歩行・言語障害など)のある方5人(申込順)

場所・申込・問い合わせ

6月2日(木曜日)〜8日(水曜日)の午前9時〜午後5時(土曜・日曜を除く)に電話で、
江戸川区医師会 電話:03-3652-316

第22回肝臓病教室

日時

平成28年6月11日(土曜日)午後2時〜4時

内容

肝硬変の食事・栄養療法について、C型肝炎治療の現況

場所・主催・問い合わせ

(直接)国立国際医療研究センター国府台病院(市川市国府台1丁目7番1号)
村田 電話:047-375-4738

6月4日〜10日は「歯と口の健康週間」です 日頃からのケアを心掛けましょう

成人歯科健診

6月1日(水曜日)〜11月30日(水曜日)まで

6月18日(土曜日)午後1時30分〜3時30分

歯と口の健康週間キャンペーン「きれいな歯なんでもかめる歯でいよう」

6月6日(月曜日)〜9日(木曜日)午前9時〜午後4時
6日は午後1時から、9日は午後3時まで。

医学メモ フッ素による虫歯予防

 かつて虫歯はほとんど予防ができず、自然に治ることはないと考えられていました。削って詰める等の治療率の向上を図ることが、歯科保健対策において最も大切な事とされていました。
 しかし現在において、こうした治療には大きな問題点があることが分かっています。つまり、虫歯は削って詰めたり被せたりしても完全な健全歯に戻り得ないばかりでなく、再び虫歯になって再治療を繰り返す事になり、結局歯を失うことが少なくなかったのです。そのような事から、何よりも予防が大切に考えられるようになりました。
 虫歯予防において最も効果的な方法は「フッ素の応用」です。近年子供の虫歯は減少し続けていますが、その最大の要因は、フッ素入り歯磨き粉が普及した事だと考えられています。その使用方法で注意したいことは、1回のみのうがいにすることです。何回もうがいすると、フッ素を含む歯磨材成分が綺麗に洗い流され、効果があまりなくなってしまいます。
 また、フッ素の塗布も有効な方法です。最も虫歯になりやすい歯は生えてきてからの2 〜 3 年間であるとされています。よって生えてきたばかりの歯にフッ素塗布する事は虫歯予防に一番効果があります。
 そこで江戸川区では、江戸川区歯科医師会と連携し、イオン導入法によるフッ素塗布を永久歯の生えてくる5 歳〜小学校6 年生に行っています。この方法は、人体をプラスの荷電することにより、歯の表面にマイナスのフッ素イオンを効率よく取り入れることができます。今年は6月18日(土曜日)に「フッ素塗布と歯の健康相談」が予定され、費用は無料です。会場等の詳細は、小学校等に区から通知しますので是非ご参加ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。江戸川区歯科医師会

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る