このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

8面

更新日:2016年6月1日

CCBY ただし、画像データを除きます

7月上旬スタート 子育て世帯・熟年者の暮らしを応援!「プレミアムポイントカード」を発行します

 子育て世帯や熟年者を対象に、よりお得に買い物ができる「プレミアムポイントカード」を発行します。
 ぜひご利用いただき、身近な商店街での買い物をお楽しみください。

対象者

  • 小学生以下のお子さんがいる保護者
  • 65歳以上の熟年者

対象者の確認のため、カード発行の際に子ども医療証や健康保険証などを提示していただくことがあります。

発行場所

 下記の実施団体の加盟店で発行します。詳しくは、実施団体へお問い合わせください。

満点カード(350ポイント)で750円分の買い物ができます。

篠崎新町商店街振興組合

満点カード(300ポイント)で700円分の買い物ができます。

利用方法

 実施団体の加盟店で100円(税抜き)の買い物につき、1ポイント付与します。ポイントが満点になると通常は500円分の買い物ができますが、「プレミアムポイントカード」では右記の特典が受けられます。

問い合わせ

  • 江戸川区商店街連合会 電話:03-5667-2281
  • 篠崎新町商店街振興組合 電話:03-3670-9557

出会いをくれた”音のないサッカー”ゴール前から世界を見据える

輝石 スポーツの世界で夢に向かって挑戦する えどがわ原石

デフサッカー 千葉 駿介さん(北小岩在住)

難聴を抱えながらも変わらぬサッカーへの思い

 「チームワークも雰囲気も、すごく良くなってきています」。力強く語る千葉さんは、聴覚障害者によるデフサッカー日本代表のゴールキーパー。16カ国のチームが世界一を競う「デフサッカーワールドカップ2016」(イタリア・6月19日開幕)に向けてトレーニング中だ。
 サッカーを始めた6歳のころ、耳が聞こえにくいことに気が付いた。軽かった症状は年齢とともに重くなり、「どうして自分だけみんなと違うの?」と、母親を困らせた時期もあったと言う。
 しかし、サッカーに対する気持ちは変わることはなかった。補聴器を着ければ会話に支障はなかったため、鹿本中学校では健常者と同じサッカー部でプレーし、ゴールキーパーを任されるようになった。

写真 プレー中の千葉駿介さん

プレー中は大きなしぐさと視線で、頻繁にチームメートとコミュニケーションを取る

デフサッカーとの出会い日本代表の守護神に

 節目となったのは、社会福祉を学んでいた大学時代。デフサッカーとの出会いだった。補聴器を外してプレーするため、頼りになるのは周囲を見る力。「手話やアイコンタクトで伝え合う”音のないサッカー”に戸惑いもありましたが、新鮮でした。何よりも、同じ境遇の仲間たちに出会えたことがうれしかったですね」。
 現在、「東京デフフットボールクラブ」に所属し、日本代表としてこれまで13試合に出場。守護神としてゴールを守る。持ち味は攻撃の組み立ての起点となるキックの的確さだ。
 ワールドカップにはベスト8となった前回大会に続き、2度目の出場。予選は強豪・ロシアをはじめ、格上のチームと同組だ。
 日本ではまだまだ浸透していないデフサッカーは、選手を取り巻く環境も恵まれているとは言い難い。だからこそ、「デフサッカーをもっと知ってもらいたい。そのためにも、一戦一戦を大切にして結果を残したい」と言う。
 さらに来年には「第23回夏季デフリンピック」(トルコ)も待ち受けている。

集合写真

昨年10月の「第8回アジア太平洋ろう者競技大会」(台湾)で準優勝し、デフリンピック出場を決めた日本代表イレブン(本人は後列左から3人目)

ちば しゅんすけさん

1989年、葛飾区生まれ。父、兄の影響でサッカーを始め、中学生のときから江戸川区在住。現在は民間企業に勤務しながら、デフサッカーの「東京デフフットボールクラブ」と社会人サッカーの「南葛SC」に所属。「平成27年度江戸川区スポーツ夢基金」交付対象者の一人。

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る