このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

江戸川さくらまつり2016 4月10日(日曜日)まで開催

更新日:2016年3月20日

CC-BY ただし、画像データは除きます

第2回 新川千本桜まつり

写真 新川千本桜まつり

日時

平成28年4月3日(日曜日)午前9時30分〜午後3時
雨天実施。

場所

新川さくら館および周辺

内容

模擬店、お茶席、大江戸玉すだれ、企画展示(※)、お花見和船の運航(※) ほか

主催

新川千本桜の会

問い合わせ

葛西事務所地域サービス係 電話:03-3688-0431
※企画展示、お花見和船の運航については、「新川さくら館のホームページ」をご覧ください。

小松川千本桜まつり2016

写真 小松川千本桜まつり

日時

平成28年4月3日(日曜日)午前10時〜午後3時
雨天時は中止となる催しがあります。

場所

小松川千本桜堤(大島小松川公園自由の広場前)

内容

模擬店、お茶席、ポニー乗馬、ミニSL、ふれあい小動物、草花市 ほか

主催

小松川千本桜を愛する会

問い合わせ

小松川事務所地域サービス係 電話:03-3683-5183

平井駅〜大島小松川公園間でピストンバス(無料)を運行

乗り場

(1)平井駅南口ガード下付近、(2)まつり会場入口

出発時刻

(1)午前9時40分〜12時20分、午後1時30分〜2時10分
(2)午前11時〜正午、午後1時10分〜3時30分(いずれも20分間隔で出発)

さくらまつりの続き

2016全国さくらシンポジウムin江戸川

4月2日(土曜日)・3日(日曜日) タワーホール船堀
 「全国さくらシンポジウム」は、昭和57年から全国で開催されています。本区での開催にあたり、「ゆたかな心 地にみどり」を合言葉に、半世紀にわたり緑化運動を進めてきた成果である1万5000本の桜と「和の心」で皆さんをお迎えします。

主催

2016全国さくらシンポジウムin江戸川実行委員会、日本花の会

共催

江戸川区、えどがわ環境財団

問い合わせ

えどがわ環境財団計画係 電話:03-5662-6738

シンポジウムの主なイベント

参加申し込みは終了しています。

2日

  • オープニングアトラクション 

 江戸川フィルハーモニーオーケストラによる演奏

  • トークショー
  • パネルディスカッション

3日

  • 現地見学会(小松川千本桜・新川千本桜 ほか)

当日参加可能なイベント

野寺治孝写真展「えどがわの桜」(1階正面入口付近)

日程
平成28年4月10日(日曜日)まで

伝統工芸を楽しむ三日間(1階エントランスホール)

日時
平成28年4月1日(金曜日)〜3日(日曜日)午前10時〜午後6時 3日は午前9時から。
内容
江戸川区の「匠」による伝統工芸品の実演と販売

えどがわ特産市(船堀駅南口TOKIビル前広場)

日時
平成28年4月2日(土曜日)・3日(日曜日)午前9時〜午後6時 3日は午後3時まで。

商業まつりを同時開催します

雨天時は中止となる場合があります。

主催・問い合わせ

江戸川区商店街連合会 電話:03-5667-2281

3月27日(日曜日)

場所・主催

リバーウエスト千本桜通り商店会(小松川3丁目)

3月28日(月曜日)〜31日(木曜日)

場所・主催

篠崎新町商店街(下篠崎町)

4月3日(日曜日)

場所

下鎌田広場(東部区民館前)

主催

南篠崎商店会ほか東部支部

4月10日(日曜日)

場所

小岩公園(北小岩6丁目)

主催

京成小岩商栄会 ほか

場所

フラワーガーデン(総合レクリエーション公園)

主催

南葛西商店会ほか葛西支部

場所

小松川境川親水公園(東小松川おひさま保育園前)

主催

江戸川中央商店会

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る