このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 環境・まちづくり
  • 産業・しごと
  • 施設ガイド
  • 地域情報
  • 区政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

みんなでえどちゃん音頭を踊ろう【7月13日】

更新日:2010年8月13日

今年の夏の盆踊り曲はこれで決まり!

 盆踊りシーズンを前に区内の都市農業を応援する「えどちゃん音頭」のおどり練習が各地で行われています。

 「えどちゃん音頭」のえどちゃんは江戸川区産の花や野菜を応援するイメージキャラクター。「えどちゃん」は「EDOGAWA」の「E」を基本に小松菜をイメージしたキャラクターが区特産の花を持って、躍動している姿を表しています。そのほかえどちゃんの仲間には「あさがおさん・えだまめちゃん・こまつなくん」などかわいいキャラクターもいます。
 「えどちゃん音頭」は昨年4月に区の花や野菜を全国に向けPRしようと作成されたもの。歌詞は一昨年10月に全国から募集をしたところ北は北海道、南は沖縄までの個人・団体合わせ82点の応募があり、その中から区立新堀小学校(新堀1丁目)の当時4年生の歌詞が採用されました。その後作曲を区内にある東京スクールオブミュージック(西葛西6丁目)の学生に依頼。振り付けは日本舞踊鈴波流家元鈴木国江さんに依頼し完成しました。

 完成以来えどちゃん音頭は区内のイベントや各町会の盆踊りなどにも取り入れられ多くの方が踊りを楽しんでいます。音頭の振り付けは10から構成され初めて踊る方でも気軽に踊れるよう工夫されています。また多くの方に知ってもらおうと江戸川区ホームページ内「えどがわ花と野菜のゆめワールド」で音頭のダウンロード(mp3形式:3分27秒)ができます。また振り付けを担当した鈴木さんによる踊りの解説つき振り付け指導や音楽を流して踊る映像(wmv方式・Mac版safari用)も見ることができます。
 鹿骨区民館(鹿骨1丁目)では、鈴波流の門下生たちによる踊り練習会が行われており、18名が参加。皆さん完成当初から踊っているとあって動きに余裕があるように感じました。鈴波流は区内6か所で活動しており約250名が各町会の盆踊りで先導して踊れるように日々練習をしています。
 鈴木さんは「えどちゃん音頭を皆さんに覚えてもらって楽しい盆踊りにしてもらいたいですね。盆踊りで曲が流れたときぜひ一緒に踊ってください。」と笑顔で話していました。

問い合わせ先

このページは経営企画部 広報課が担当しています。

本文ここまで

以下フッターです。

江戸川区役所

〒132-8501 東京都江戸川区中央一丁目4番1号 電話 03-3652-1151(代表)区役所へのアクセス

開庁時間

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※部署、施設によっては、開庁・開館の日・時間が異なるところがあります。

Copyright © Edogawa city. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る